« MBA受験総括 1 | トップページ | MBA受験総括 3 »

2009.04.03

MBA受験総括 2

3.TOEFL

間違いなく僕のMBA受験中の最大の難関。合計で20回以上は受けたでしょうか。とくに純ドメの場合はスピーキングがネックになると思います。トップスクールを目指される方々は109点以上を目標にされるでしょう。僕もそこを目指したのですが最高点は106点(R:30、L:29、S:19、W:28)どまりでした。ただし、このスコアは今年の3月に出たので、実際には2007年6月の104点(R:28、L:28、S:23、W:25)を使いました。結局スピーキングで23点が出たのは、この回だけだったので。2007年10月に105点もでたのですが、スピーキングが19点だったので、使いませんでした。

日本人泣かせのiBTは、まず1回受けることをおすすめします。回数制限はとくにないですし、テスト会場のキャパも限られているので。また、リーディングやリスニングが25点以上いった場合、早めにGMATの勉強に移行するのをお勧めします。僕もGMATを勉強してから安定してリーディングが28点以上、ライティングも25点以上をとれるようになりました。リスニングも、語彙と文法が強化されればある程度伸びます。それと、受験生の皆さんはやられていると思いますが、通勤時にiPodで英語(BCCなり、CNNなり、市販の参考書なり)を聞き、こちらも27点以上とれるようになりました。

後は受け続けてスピーキングがぽっと上がるのを待つ・・・、という我慢大会。振り返れば全てはスピーキングに行き着くので、漫然と受け続けるよりも、もっと早くスピーキングの集中トレーニングをやっていればよかったかなと思います。100点の壁とかいわれて、それを超えたことで甘く考えていたのですが、実際のトップスクールの合格者をみてみるとやはり105点以上が当たり前のような気がします。(ただ、僕は2年目にスピーキングの訓練をしてもやはり点数あがらなかったで、結果は変わらなかったかもしれません。)

4.GMAT

GMATは2回で目標点に達したので、これだけは唯一計画通りに行きました。アゴスのテキストをやり、OGを全問つぶし、Prepを解きました。この3つに関しては、知らない単語や、疑問点が一個もないように何回も何回も解きました。アゴスの中山先生もおっしゃってましたがGMATの勉強はあまり手を広げない方がいいような気がします。2007年の3月から勉強を始めて、2007年7月に660点(AWA4.5)、8月に690点(AWA5.0)でした。

5.エッセイ

1年目に失敗したのはやはりエッセイに問題があったのかなと思っています。某予備校のカウンセラーを頼みました。彼自身は非常に頭の良い人物だったと思うのですが、今思うとMBAのカウンセリングの経験に乏しかったのだろうと想定しています。何が良いか、何が悪いかの判断を全面的にカウンセラーに依存することになりますので、カウンセラーに関しては定評と実績のある人物を選ぶのがよいと思います。

2年目はカウンセラーを変え、1年目よりは自分に正直に、しかし自信をもって仕上げる事ができました。ここで志望動機やら強みやらのベースがしっかり作れれば、後のインタビューの練習がすごく楽です。

(続く)

|

« MBA受験総括 1 | トップページ | MBA受験総括 3 »

コメント

LBS合格おめでとうございます!!
私は現在、準備段階のyesと申します。

まだAgosのTOEFLコースを受講したばかりなのでスタート段階も甚だしいのですが、純ドメとしては非常に励みとなります。

もし宜しければ、準備段階(TOEFL&GMAT)について具体的にどのように勉強されたのか参考にしたいと思いますのでご紹介いただければ幸いです。(たとえば、Reading、Listeningは毎日こうしたとか)。

お忙しい中大変恐縮ですがお手すきの際にでもよろしくお願いします。

投稿: yes | 2009.05.31 18時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MBA受験総括 1 | トップページ | MBA受験総括 3 »