« MBA留学生のブログ | トップページ | 壮行会の嵐 »

2009.05.02

海外にお金をもっていくには

ふと思ったのだが、海外にお金(それも1000万円以上)ってどうやってもっていくのだろう?普段やっているように、ソニー銀行のサイトからカチカチっとイギリスの口座に振込み指示・・・ってのは無理だよなぁ。「シティバンクが便利」という話をたまにきくが、何がどう便利なのか?現金で持っていくことはありえないとして、パッと思いつくのは、

  1. トラベラーズチェックでもっていく
  2. 海外キャッシュカードで自分の銀行口座から引き出す
  3. 銀行振り込みする

1の手段は当座の100万円ぐらいはいいとして、1000万円を越える授業料+生活費を考えると、現実的でないような気がする。2の手段はいかにも手数料をぼられそう。3の手段が常識的に考えると一般的だが、どうやって?

色々と調べて分かったのは、だいたいどの銀行であっても海外口座への振込はやってくれるが、1000万円以上も送金しようとするとやり方によって数十万円も手数料に差が出てくる、ということだ。

海外(イギリスを想定)にお金を持っていくのは、結局どんな手段であれ、次の二つのステップから成り立っている。

Step1.円をポンドに両替する (空港でみんなやってることね)
Step2.両替したポンドをイギリスに持っていく (手持ちor振込)

Step1.の段階で両替手数料がかかり、Step2.の段階で送金手数料がかかる。そして、結局のところこのStep1.の両替手数料が全体のコストを左右する。ネットをみてると、たまにStep2の海外送金手数料だけで高い、安いと記述しているサイトがあるから要注意だ。

まず、邦銀はあらゆる点で問題外だ。Step1の両替コストが高すぎる。1ポンドあたりだいたい4円。つまり、10万ポンド(=1500万円)両替しようとすると、40万円が必要となる。かたやシティバンクは1ポンドあたり1円。つまり、10万円で済む。更に安いのがFX(外国為替証拠金取引)だ。なんと1ポンドあたり0.2円。10万ポンドでも2万円で済む。

トラベラーズチェックであろうと、海外送金であろうとこのレートが適用されるので、この点から銀行を慎重に選ぶ必要がある。なお、海外キャッシュカードで引き出すと、レートは悪くなるので要注意。FX方式の問題点としては、FXで両替したポンドは、一度通常の銀行の外貨預金口座に移さないと引き出せないことだ(クリック数回だけど)。この点もシティバンクは「マルチマネー口座」で受け付けているので問題ない。

Step2.に関してだが、当然安いのは自分でやることであって、現金やトラベラーズチェックを手持ちすれば一切の手数料はかからない。銀行に代行してもらうと手数料がかかるが、シティバンクの海外送金はお手ごろで一回当たり3,500円。邦銀は6000円~8000円。ただし、シティバンクであろうと、邦銀であろうと事前に「この口座に振り込みたい」と書面登録しなければならない。

結論として、大金を海外に持っていくのに一番安い方法は、「FXサービスで円をポンドに両替」⇒「そのポンドをシティバンクの口座に振込」⇒「シティバンクから海外の口座に送金」となる。めんどくさいけど、年に数回だから、まぁいっか・・・。

※これら知識の基礎部分は こちらのサイトで学ばさせていただきました。根本的に間違っているところがあればご指摘ください。金融の専門家ではないので細かい点の正確性は保障できず、専門用語については分かりやすく言い換えてることをご了承ください。上記海外送金をおやりになられる方はどうぞ自己責任で。
※ちなみに、クレジットカードを海外で使うと、ほぼインターバンクのレートに約1.6%程度の手数料が上乗せされる。通常クレジットカードについている利用金額の1~2%のポイント還元を考えると両替コストはほぼ相殺され、大変お得な決済手段だ。保険もついてるし、安全面からも海外旅行の際にはクレジットカードを使いましょう。

|

« MBA留学生のブログ | トップページ | 壮行会の嵐 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MBA留学生のブログ | トップページ | 壮行会の嵐 »