« ソニー役員との対談 2 | トップページ | 衝撃のVISA申請却下 »

2009.06.20

住民税の話

最近更新がないなぁ、とおもってくださった方。そうです、ネタがないんです。やっぱ出発までアイドリング状態だと、事務手続きやってるかテニスをしてるかで、とりたてて耳目を引く出来事がありません・・・

昨日は住民税を払ってきました。1年分を一括なので合計50万円以上、結構高かった。

この住民税、不可思議、というが恐らく非効率な制度。まず、税額の計算が”去年の年収”に基づいて行われます。よって、今現在仕事がなくても、去年年収があれば、がつんと払わなければなりません。

僕の場合は住民じゃなくなるけど”住民税”を払わなければなりません。これも”去年分を今年徴収している”、という理屈に立脚しています。まぁ、これは払うタイミングがいつになるか、ということだけなのでまだ許せるのですが、奇妙なのは「1月1日の居住している自治体に対して払う」という理屈。簡単に言うと、1月1日に日本に帰ってくれば住民税を払い、1月2日に帰ってくれば少なくともその年は払わなくてすむのです。

どう考えても、「居住した月から払い」「その月の収入から払う」とした方が納得性が高い。いまどき計算はコンピューターがやってくれるし、サラリーマンはどうせ給料から天引きされてるんですから、技術的には可能に思えるのですが。

|

« ソニー役員との対談 2 | トップページ | 衝撃のVISA申請却下 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ソニー役員との対談 2 | トップページ | 衝撃のVISA申請却下 »