« 家探し編 | トップページ | 続続・家探し編 »

2009.08.12

続・家探し編

4.賃貸物件探し(賃貸編)

さて、そんなこんなで家探しをはじめたのだが、元々僕の条件提示が相場の範囲内とはいえかなりリーズナブルなところを狙っているのであまりヒットしない。

それでもひとつの不動産屋あたり、4~5件候補物件があたるので、次々に内見していく。しかし、ある物件は「もうちょっと高くてもいいから、広くてきれいなところがいいなぁ。」という感じだったり、ある物件は「もうちょいランク落としてもいいから、家賃下がんない?」というところだったり。また、ある程度は自炊をする予定なので、スーパーの近さも考慮する。

色々回った結果、到着3日後、10件目ぐらいで、学校からバスで4~5駅いったところエリアに大家提示で1200ポンド、大通りに面しているこの上なく便利な物件にぶちあたった。

「プラズマテレビもついてるし、ここしかない!」

と思って、「1,100ポンドを切れば契約したい。」と不動産屋さんに申し出たところ、

「大家さんは前向きに考えているので、一度本人に会って、どういう人なのか知りたいということでした。明日は大家さんがお忙しいらしいので、あさってはどうですか?」

とのお返事。もちろんこちらはOK。ところがなんと約束の日になって、当日ドタキャン。理由は親戚に不幸があったから。おいおいと思ったものの、待つしかないので、翌日にアポを変更。

ところが翌日もドタキャン。理由は「体調が悪くて病院にいくから。」

・・・、まぁ、義務教育を終えている人ならさすがに、”コノヤロウ、返事を引き伸ばしやがって”という事情がみえてくる。金額が問題ならそういってくれればいいのに、引き伸ばされるのが一番迷惑な対応なのだが。

ここに至れば契約する気も失せるので、3日間を無駄にした結果、物件探しを再開することにした。

この時点で1週間経過。さらに、契約手続きにやはり1週間前後かかることを考えると、とにかくちゃっちゃと決めたい。もう日系がどうのこうのいってられないので、ローカルの不動産屋にもコンタクトをとって、物件の提示をお願いすることにした・・・

|

« 家探し編 | トップページ | 続続・家探し編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 家探し編 | トップページ | 続続・家探し編 »