« 本コース開始 | トップページ | 必要になれば・・・ »

2009.09.29

速読(英語)

LBSでは、 「将来のグローバルリーダー」として必要であろう授業と、ソフトスキル系の授業をまとめて、Global Leadership Developing Program と称しております。

たとえば、前回ご紹介したホンダのケースを扱った Understanding General Management もこのプログラムの一部ですし、他にも「ライティング」「プレゼンテーション」「交渉術」「発音矯正」などなどの個々のスキルの授業を選択受講できるようになっています。

で、今日は登録した速読の授業にでてきたのですが、えー、なんでネイティブのやつらと一緒なんでしょうか。まぁ、そこで区別しないは当たり前っちゃあ当たり前なんですが。授業内容は奇しくも昨日ブログに書いたことと全く一緒でした。

  1. 文章を逐語で読むな。
  2. 視覚的に広くパラグラフをみて一瞬でキーワードを拾え。
  3. ディテールの文章よりもコンテンツのアイディアを理解しろ。

とまぁ、これまで無意識に実践していることだったので、知識としては「ふんふんそんなもんかいな。英語でも同じなんだなぁ。」という感じで、それはまぁいいのですが、僕がそれをできるのは日本語に限られておりまして・・・。

英語でやろうとすると、早々に意味のある内容として認識されなくなり、ある一定以上のスピードを超えるとアルファベットが模様としてしか認識されません。外人が「漢字はアートにしかみえない。」といっている気持ちが良く分りました。

アカデミックやビジネス文書ならともかく、ゆっくり読んでも理解しづらい文書(小説とかジャーナリスティックな文章)を速読するのは今のところ無理だな・・・。

|

« 本コース開始 | トップページ | 必要になれば・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本コース開始 | トップページ | 必要になれば・・・ »