« 授業での発言 | トップページ | ゲイについて »

2009.09.16

プロダクトプレースメントの解禁とカレー

最近ニュースになっているのですが、イギリスでプロダクトプレースメント(番組内にスポンサーの商品を露出すること)が解禁される見込みになりました。ただし、子供向けの番組とBBCは例外。BBCのニュースでみたのですが、キャスターはなんとなく否定的なトーン。

日本でも一応番組とCMは、視聴者が区別できるようにするというルール(放送法かな?)がありまして、ワイドショーとかでのCM紹介で額縁がつくのはそのため。また、逆に”番組風のCM”というのも、放送局から誤認の可能性があるということでNGをくらうことがあります。まぁ、何が番組風なのかは主観的な話なので、よく揉め事の原因になるのですが。

ところで、日本では番組内のプロダクトプレースメントは普通に行われてきました。例を挙げればフジテレビの月9の枠はトヨタの車しかでない・・・はず。まだ日が浅いので確たる判断ができませんが、一般的に商業活動に対する認識はイギリスの方がネガティブな気がします。

どうでもいいことですが、こっちはよくテレビの音声が途絶えたり、いきなり放送がぶちきれたりします。さすがイギリス。ただし、テレビのチャンネルはロンドンで約100ほどあり、音楽チャンネルあり、映画チャンネルありで、バラエティ豊かです。さすがイギリス。なお、マイナーチャンネルは真昼間は何も放送してなかったりしています。

ちなみに、今日はとうとうカレーをつくりました。ルーをぶちこめばまず失敗しないし、おいしい。こっちのスーパーがすばらしいのは、玉ねぎ一個からでも量り売りで買えること。もちろん日本のように何個かまとめてビニールに入っているバージョンもあって、こちらは一個当たりの値段が多少安くなるのですが、どうせそんなに使い切れない。

量り売りの方法は以下の通り。買いたい物を野菜売り場にある秤にのせて商品を選択すると、重さから値段が計算され、名刺より小さめのシールが出てくる。それをビニールに貼って、レジで会計。1人暮らしで残った野菜の消化に追われていた身としては実にありがたい。日本でも導入すべきである。

Sr0010508_3

しかも、なんとラッキョウらしきもの(酢漬けの玉ねぎ)まで売っていたので、買ってみる。食べてみると、「酢につかってますな。」という感じで(当たり前か)、ラッキョウにしては味が強すぎてやや違和感がある。しかし一応代用には問題がない。大量につくったので、3日ぐらいカレーかな。。。

|

« 授業での発言 | トップページ | ゲイについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 授業での発言 | トップページ | ゲイについて »