« 授業の評価 | トップページ | 試験終了⇒冬休み »

2009.12.11

学生のクオリティ

前回の成績評価のエントリーに関してだが、試験逃避している最中にこんなブログをみつけた。こちらの記事をもってUSの学部生を一般化することはもちろんできないのだが、これと比べると、LBSの生徒はみんな大人だと思う。実際に平均年齢が7歳ぐらい高いわけですし、多分それなりに成績優秀者が集まっていたりするので単純比較するのはおかしいのですが。

LBSで今のところ個人的にすばらしいと思っているのは、学生のクオリティ。英語ができないと空気扱いということもないし、実年齢が高かろうが低かろうが、みんな大人としての行動をとる。単にいいやつら、というだけではない。

元々そういう人たちが集まっているということもあるでしょうし、ヨーロッパの特性ということもあるでしょうが、他文化に対する受容度も高いし、興味もある。全員マイノリティなので、およそ偏見というものは皆無だと思う。

僕自身も去年の今頃までLBSなんてほとんど知らなかったし、MBA=アメリカ、というマインドセットだったのですが、今はこっちに来てよかったなぁと思っています。ぶっちゃけ言えばUSのトップスクール(HBSとかスタンフォードとか)と比べると、ブランドでは劣りますが、ここでしか出来ない経験が沢山ありますし、人生の2年間をヨーロッパで過ごすのは、それなりに価値があると思います。

LBSのアドミッションも、比較的ユニークかつコミュニティへコミットしてくれる人を求めているような気がします。僕も在校生として個性があり、かつ成熟した考え方をもっている人たちに来てほしいです。MBA受験生の皆さんはぜひご検討ください。

あと、友人諸氏へ。ヨーロッパいいですよ。今のところ年始は予定なしなので、ぜひ遊びにきてください・・・。

|

« 授業の評価 | トップページ | 試験終了⇒冬休み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 授業の評価 | トップページ | 試験終了⇒冬休み »