« ギリシャとポルトガル | トップページ | 続・アカウンティングの授業 »

2010.02.17

豊田社長の英語はひどいのか

トヨタネタが続きますが、色々と示唆に富むので、お付き合いください。本日は豊田社長の英語応対について。

何気なく日経のWEB配信ニュースをみていたら、BBCの記者から「海外のユーザーに向けて英語でメッセージをください」とリクエストされました。おぉ、どうすうのかなと思ってみていたら、一応英語で応対しましたが、それをきいてちょっと驚きました。別に英語がしゃべれたからでもなく、流暢だったからでもなく、典型的なジャパニーズアクセントで文法の間違いも多く、普段しゃべりなれてないことが明白だったからです。

僕も人様の英語スピーキング能力にコメントできるほどの立場でもないので、あえて何もコメントしなかったのですが、当然ながら批判的なお方もいらっしゃいまして、アルクのコラムニストの日向氏はこのような言説を展開しています。

彼の主張は、「英語が流暢でないのはしょうがないとしても、あのような大事な記者会見の場で、怪しげな英語で解答をするなどもってのほか。そもそも英語のQ&Aを用意してないのが大失態なのだが、仮になかったとしたら、記者のリクエストにはNOといって、通訳を使うべきであった」というものです。

心情的には同じ英語で苦労しているもの同士、豊田社長にシンパシィを感じておりましたが、日向氏の主張は筋が通っているように思えます。せっかくLBSにいるので、ネイティブスピーカーとノンネイティブスピーカーの友達にこの件についてどう思うか聞いてみました。

アメリカ人たちは、概して英語の問題には寛容です。

「そもそも英語話者は他人が英語を話せて当然とおもう傾向があってよくないわ。外国語をきちんと話せないのは当然じゃないの」

「確かに彼の英語はひどい。もうちょっとましな言葉をしゃべるべきじゃないのか、といわれたら答えはYesだ。ただ、彼のCEOとしての職責と英語は何の関係もない。問題の本質はそこにはないと思うよ」

「例えば、ああいう場面で"I will do my best"といわれたら、そりゃちょっと変だよ。でも、強いて言えばであって、ことさら取り上げてとやかく言うほどのもんでもないだろ」

という感じでした。ひるがえって、ノンネイティブスピーカーの意見はほぼ日向氏の意見と同じです。

「彼がLBSの生徒だったなら、別になんの問題もない。しかし彼はグローバル企業のCEOだ。もっとましな英語がしゃべれてしかるべきだ。さらに、もし仮にしゃべれないとしたら、あの場面では絶対に通訳を使うべきだった。英語がしゃべれないということをアピールすることになってしまうが、変な誤解をされるよりましだろう」

ただこの事件でひとつありがたい(?)のはMBA取得者は英語をしゃべれて当然という幻想が否定されたことでしょうか。豊田社長は米国のMBAを取得されてるそうです。

今は昔と違ってそもそも帰国子女でないとアプリケーションが通る可能性が低いので、こちらにきている日本人はみな結構しゃべれます。ただ、中には僕のような人もいまして、それまでに海外経験がないと、2年ぐらいだとなかなか上達させるのは難しい、というのが実感です。

さらに、同じ年数を使うにしても、やはり学部時代に留学するのと大学院で留学するのはこれまた違うように思えます。ある程度社会人経験をつんでからくると、各々の生徒達の生活スタイルができあがっているため、無駄につるむということがあまりありません。その分、語学の上達という点では妨げになります。

ということで、2年間海外にいたとしても、あまりしゃべれないというのは決してめずらしくないように思えます。個人的にはこっちにいる間に最大限努力するつもりですが、「海外MBA=英語ペラペラ」という方程式は必ずしも成り立たないというのが事実だと思います。

↓もし面白かったらクリックお願いします

人気ブログランキングへ

|

« ギリシャとポルトガル | トップページ | 続・アカウンティングの授業 »

コメント

いやー。これ怖いっすね!

これを見てしまうと、いくら帰国子女でも、こんなリスキーな場で自信持って「質疑応答は日本語/英語どちらでもok」なんて言える人は少ない気がする。ネゴシエーションはプレゼンがせいぜいですな。。。

「最大限の努力を」みたいにありふれた適度な表現でも英語にすると途端に幼稚で不自然になっちゃうわけで、そこらへんが難しいですね。

投稿: tak | 2010.02.18 06時36分

おぉ、ひさしぶりだねぇ。夏はどーすんの?もう決まってると思うけど、また別の機会にでも教えてちょ。

バイリンガルといっても色々程度があるんだねぇ。もっとも日本人でも公の記者会見できちんと受け答えしようと思ったら、日本語での高等教育と、その後ある程度の社会人経験がないとつらいだろうからなぁ。

子供のころ5年ぐらい海外いました、というぐらいだとこのクラスの会見はきついというのは分る気がします。

投稿: Shuji | 2010.02.18 07時12分

ちょうどよかった!(?)

聞きたい事あるからメールして!(メアド見れてる?)

投稿: tak | 2010.02.19 01時30分

はじめまして、英語に苦労している純ドメ留学2年目のK子です。

このトヨタ社長の動画、怖くて観れません。

投稿: K子 | 2011.02.14 00時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ギリシャとポルトガル | トップページ | 続・アカウンティングの授業 »