« 南ヨーロッパ紀行/オスマン帝国 | トップページ | 南ヨーロッパ紀行/帰れない »

2010.04.29

南ヨーロッパ紀行/イスタンブール

私の場合、旅の第一の関心は食。ところが中東地域の場合、前にも申し上げましたがこのエリアはグリルを中心とした単純な料理が多いです。

トルコ料理はケバブに始まり、ケバブに終わる。

Sr0010275

そして、トルコの庶民のお酒。ラク。水を入れると白くにごります。味はウォッカに近いですね。ちなみにアルコール度数もウォッカ並み。チャレンジした人は多かったものの、みんな結構残してました。

Sr0010259

もちろんケバブだけではありませんが、トルコ料理はピーマンの肉詰めや野菜煮物系の単純な料理が多かったように思います。

Sr0010572

さて、食を離れてイスタンブールの有名なグランバザールへ。

Sr0010516

個人的な意見としましては、ここは完璧に観光地化されているように思えます。連れ合いの中国人がカーペットを買おうとしたところ、最終的に150ドルから15ドルへ値段が下がりました。たぶん『受け取る人が誰であれ寄付をしたい』という奇特な人以外はここで買い物をしないほうがよいでしょう。

普通のトルコの人たちはグランバザールの外の市場で買い物をしているように見受けられます。

Sr0010585

街を歩いた感想としましては、ヨルダンの首都アンマンに似てますし、デリーを髣髴とさせるものがあります。やっぱりなんだかんだいって同じ文化圏ですね。

|

« 南ヨーロッパ紀行/オスマン帝国 | トップページ | 南ヨーロッパ紀行/帰れない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 南ヨーロッパ紀行/オスマン帝国 | トップページ | 南ヨーロッパ紀行/帰れない »