« 財政再建は経済成長の条件か 2) | トップページ | システムと気合 »

2010.06.22

イングランドのサポーター

残念ながら、我がイングランドはワールドカップの成績はこれまでぱっとしませんが、イギリスのサポーターの熱狂振りは並々ならぬものがあります。

St_george3

試合当日になると、町中の車にこのような旗つきの車があふれかえります。さらに、これはちょっと怖いのですが、なぜかスキンヘッドの不良っぽい人たちが大声でわめいています。あまりにマナーを逸脱してると、さすがに周囲が冷ややかな目を向けるのですが、当然その手の人たちは意に介しません。

イングランドといえば、悪名高いフーリガンの発祥地。かつてはサポーター同士で死者が出ることもめずらしくなかったそうです。さすがに死者が出たというニュースは最近聞きませんが、今でもちょっと怖い人たちは、そこかしこにいます。関西出身の人々に言わせると、「阪神ファンを100倍凶悪にした感じ」といっておりましたが。国民的な人気スポーツですから、”フツー”のファンもいっぱい(というか大多数はそう)いるんですけどね。

|

« 財政再建は経済成長の条件か 2) | トップページ | システムと気合 »

コメント

いつも参考にしております。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

投稿: ビジネスマナー | 2010.07.02 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536885/48691039

この記事へのトラックバック一覧です: イングランドのサポーター:

« 財政再建は経済成長の条件か 2) | トップページ | システムと気合 »