« AGOSの夏祭りイベントに出席 | トップページ | MBA取得後 »

2010.07.24

地味なIFRS雑感

日本でも欧米の会計基準(IFRS)が徐々に適用されるそうです。地味な宣伝ですが、我がLBSは当然IFRSを中心に会計の授業を行っておりまして、この点でもやっぱり世界の流れはLBSということでしょうか。

ま、冗談はさておいてですが、我がLBSではIFRSと同時に「米国会計基準(日本基準に近いらしい)だったらどうなるか」ということも触れてくれます。で、違いよりも同じ点に注目してしまう私としては、(素人的には)「結局ほとんど変わらないじゃん」とも思うのでした。せいぜいLIFOがIFRSでは認められていない(日本でも今年からNG)と、包括利益という概念がIFRSにあるぐらい。個人的にはLIFOがある意味をあまり感じないので、学習者のためになくして欲しい・・・。

それにしても、WikipediaのIFRSの解説は、僕のつたない知識をもってしても「ん?なんかおかしくない?」というところが多いです。たとえば「IFRSでは開発費を資産計上」とありますが、私の認識では開発費の資産計上が認められるのは、将来の収益性が確実な段階、たとえば医薬業界のPhase3とか、どちらかというと”例外的”なケースという認識です。

ちなみに、日本では包括利益に関するコメントを多くみますが、あんまり授業では重要視されてなかったように記憶しております。「時価が大きく下がっときは損失処理(今の日本でも株式とかはそう)、時価があがったときは収益として認識してもいいけど誤解を招かないように別勘定(その他包括利益?ohter comprihensive income)にしなさい。」という程度だったような。

とはいえ、そもそも日本の会計制度をよく知らないのであまり比較はできません。僕のような大雑把なレベルではなくて、実務的には細かくかつ重要な点が多々変更になると思うので、会計士さん達はご苦労様です。

なお、ひとつ会計士さんたちにお願いがあるとすれば、日本の会計士さんが書く文章は特殊専門用語のオンパレードで本当に分かりにくい!ぶっちゃけ意味不明であります。悪文で有名な法律家以上のような気がしますので、是非改善をお願いしたいところです。ちなみに、LBSの会計の授業は「普通の言葉」で行われますので、とっても分かりやすいです。

余談ですが、僕が会計とファイナンスを学んでから、日経新聞などで注視するのはもっぱら「営業利益」になりました。ということで、包括利益はあんまり個人的には重要項目ではありません。もっとも株式評価損をバンバンだしている某日系広告会社とかもありますので最終当期利益なども参考程度にみてますが。

あ、上記の記事の細かい点に関してはあまり自信がないので、もし間違っていたらどうかご指摘ください。

|

« AGOSの夏祭りイベントに出席 | トップページ | MBA取得後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536885/48960598

この記事へのトラックバック一覧です: 地味なIFRS雑感:

« AGOSの夏祭りイベントに出席 | トップページ | MBA取得後 »