« 自分で考える | トップページ | 英語の社内公用語化 »

2010.07.03

MBAをとると経営者になれるのか

今日元上司の方から

  • MBAで何勉強してるの?
  • そんでそれを学んだら経営者になれるの?

という素朴の質問をいただきました。ま、MBAで学んでいることは今までもブログで紹介してきましたが、大体どこの学校でも学ぶいわゆる”コア科目”が

ファイナンス、会計、経済学(ミクロマクロ)、マーケティング、戦略論、組織論

といったところでしょうか。で、選択科目では個々のエリアを深堀していきます。僕の印象だと、MBAって学際的で”いろんな専門科目のつまみ食い”という評価です。効率の問題はあるにせよ、学ぶだけなら必ずしもMBAじゃなくて他の方法でも(OJTや読書など)可能だと思います。

でも、これらの知識は経営者の基礎体力みたいなものでして、それはそれで必要だけど、その上で個々のスポーツに応じた”特訓”が必要なんだと思います。例えば、MBAの卒業生にいきなり自動車会社の経営をやらせても、できるわけがない。製品そのものに対する技術的な知識、競合会社の知識、チャネルに対する知識、消費者に対する知識、社内外のネットワーク、そういった知識や人脈も経営者ならば当然必要になると思うのですが、これはやっぱり自分で”体得”していくしかないわけであります。

ということで、MBAで勉強してわるいこたないと思うのですが、それだけでは圧倒的に経営者としては不十分。学位取得後も「俺は経営者になるんだ」という野心なりをいだいて努力をするかはこれまた本人しだい。また「お前は勉強好きだなぁ」といわれそうですが、結局MBAを終了しても、学ぶということに終わりはないなぁ、と思うのでした。

↓もし面白かったらクリックお願いします

人気ブログランキングへ

|

« 自分で考える | トップページ | 英語の社内公用語化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536885/48786977

この記事へのトラックバック一覧です: MBAをとると経営者になれるのか:

« 自分で考える | トップページ | 英語の社内公用語化 »