« 「頭のいい人なんていくらでもいるよ」 | トップページ | イギリスの緊縮財政はすごい »

2010.07.12

世論の解釈

最近読んだ本の中で面白い、と思ったのが、

世論の曲解
菅原琢

昨年の”政権交代”について、一般には「急進的な小泉改革に対する反動」としてメディア等で報道され、自民党もそう都合よく曲解していたが、真実は真逆で小泉改革路線を否定(郵政造反復党、暫定税率の現状復帰、定額給付金等のばら撒き)をしたからこそ手ひどいしっぺ返しを受けた、というのが真実である。

ということを、簡単なデータを用いて実に説得的に主張しています。ここ最近の一連のエントリーの流れに沿いますが、たとえ専門家(学者を含む)といわれる人たちの意見であっても、自分で批判的に検証することが大事だと思います。

例えば、一般的には菅首相の「消費税発言」が原因であったといわれておりますが、僕は必ずしも国民が消費税増税に拒否反応を示したとも思えません。それならば、なぜ民主党以上にはっきりと消費税増税をうたった自民党が議席をのばしたのでしょうか。逆に、なぜ消費税にもっとも批判的な社民党や共産党の票が伸びなかったのでしょうか。

トヨタのオペレーション改善方法に「なぜ?を五回繰り返せ」というものがありましたが、テーマを問わず、物事を批判的にみる目というのは、本当の問題点を探り当てるのに有効だと思います。

|

« 「頭のいい人なんていくらでもいるよ」 | トップページ | イギリスの緊縮財政はすごい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536885/48856625

この記事へのトラックバック一覧です: 世論の解釈:

« 「頭のいい人なんていくらでもいるよ」 | トップページ | イギリスの緊縮財政はすごい »