« 世論の解釈 | トップページ | AGOSの夏祭りイベントに出席 »

2010.07.15

イギリスの緊縮財政はすごい

さてさて、労働政権で思いっきり債務が積みあがったイギリスですが、このたびの政権交代によって強烈な緊縮財政に舵をきりました。

目標は「5年後までに基礎財政収支の赤字をゼロ」にすること。日本で言えば23兆円の赤字国債を5年後にゼロにする。といっているのと同じです。なお、現在のイギリスの財政事情ですが、累積赤字は9000億ポンド(=約130兆)でGDP比60%、2009年の単年度赤字は1800億ポンドでGDP比12.8%。なんと単年度赤字でいえばギリシャより悪いんですねー。そりゃ必死になるわ。

いままでがジャブジャブすぎたということでしょうか。ちなみに、財政赤字の削減ですが「2割は増税、8割は歳出カット」で達成するとしており、手始めに今年度は110億ポンド(1兆5000億円)の歳出カット。

  • 消費税は17.5%から20.0%に引き上げ
  • 公務員の昇給は2年間停止
  • 児童手当は3年間停止
  • キャピタルゲイン税は28%まで引き上げ
  • 年金支給年齢を66歳まで引き上げ
  • 銀行新税を導入

しかし一方で法人税はカットし、エンジェル減税も維持しており、一定の経済への配慮はみられます。肝心のイギリス国民の反応ですが、いまのところ仕方がないとみられているようでして、多少のデモなどはあるものの、暴動まではいたってません。もっとも、僕のみてるメディアが偏ってる可能性はありますが。

いずれにしても、わが日本と比べるとえらいスピード感の違いです。これこそ政治主導。なお、関連ニュースの冒頭では

イギリスを復活させるために必要なのだ

と、キャメロン首相の力強い言葉がニュースの冒頭に流れます(もちろん反対意見も多くて、労働党とかは「クレージーだ。何万人職を失うと思っているんだ」と非難してます。)

|

« 世論の解釈 | トップページ | AGOSの夏祭りイベントに出席 »

コメント

労働党政権でつみあがったのは事実だけど、リーマン・ショック後の景気対策と税収減がその理由ですよ。フェアに見ましょう。

投稿: tacos | 2011.03.27 15時02分

なにを収穫したくて、わざわざロンドンビジネススクールなのか?

投稿: jun | 2011.03.27 16時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536885/48886305

この記事へのトラックバック一覧です: イギリスの緊縮財政はすごい:

« 世論の解釈 | トップページ | AGOSの夏祭りイベントに出席 »