« 英語の発音について | トップページ | ストライキです »

2010.10.01

ある金持ち国の話

あるところに金持ちの国がありました。

かつては大地主や軍人が支配していた国でしたが、当時の主要産業で優位に立ち、世界の国々に自国の製品を輸出しはじめました。民主化も進展し普通選挙が行われるようになり、政治状況は安定します。国民は急速に豊かになり、その国の一人当たりGDPランキングは世界でもトップクラスとなり、繁栄を謳歌しました。

ところが繁栄の時期は短く、まもなく没落がはじまります。直接のきっかけは世界的な大不況です。政府は不況になす術がなく、国民は不満を募らせていきます。やがて政権は不安定になり、最高権力者が短期間で頻繁に交代するようになりました。

しかしそれでもしばらくの間はかつて蓄えた外貨を使い、先進国の地位をなんとか保つことができました。政府は国民の関心を得るために労働者保護を強め、特定の産業に補助金をばら撒きました。しかし、そのような産業が国際競争力をつけることは決してありませんでした。

気づいたときにはその国の産業は世界からみるとひどく時代遅れのものになっていました。世界的な危機を乗り越え、安く良質な製品を輸出するようになった国が世界中に勃興し、危機発生から20年ほどもたつと、かつての蓄えも、国際競争力も、すっかり失っていました

事態がここまで悪化すると政府に効果的な手段は残されておらず、自転車操業が始まります。歳出をまかなうために借金をする、借金を返すためにお金を刷る、すぐにその国の通貨の信用は失墜し、深刻なインフレーションが国中に蔓延、政府は国民の不満を和らげようと歳出を重ねさらに借金を積み上げる・・・。貧富の差が拡大し不正が横行、治安が急速に悪化していきます。

そんな中、当時の政府は国民の不満をそらすためにある行動に出ました。その国と、別の強国(A国とします)がお互いに領有権を主張していた島に軍隊を進駐させたのです。一瞬その国はその島を領有することに成功しましたが、すぐにA国が反撃に出ました。

その国は「この島は自国の正当な領土である」と主張しましたが、結局国際的な支持は得られませんでした。それどころか、その国と長年領土問題を抱えていた隣国は、実質的にA国の同盟国として行動します。結局数十年実戦から遠ざかっていたその国の軍隊とA国の軍隊とでは勝負にならず、すぐに追い出されてしまいました。

10数年後、ついにその国は国債の債務不履行を宣言しました。もうこれ以上借金ができなくなり、借りたお金を返さない、いや返せなくなったのです。海外の資本家が我先にと貸し付けたお金を引きはがし、経済はいっきに収縮していきます。通貨は暴落しハイパーインフレーションが起こりました。国民はいっせいに自分の貯金が紙くずになる前にお金を引き出し、モノに代えようとしましたが、そうはさせじと政府は預金の引き出しを一人一週間につき3万円程度に制限します。なすすべもなく庶民の貯金は実質的に無価値となり、市場では物々交換が復活しました

そこには、かつて世界でも有数の富裕国であったことの面影はありませんでした。

みなさんもうお分かりでしょう。その国とは・・・









アルゼンチンです。

基本的には空想ストーリーではなくて実際に起こったことです(ちょっとお話っぽくなるように構成しましたけど)。よくあるネタなので、わかる人はすぐわかっちゃったかもしれないですね。

1880年 ブエノスアイレスが首都となる。畜産により経済発展

1929年 一人当たりGNP世界5位(IMF)、同年世界恐慌発生

1946年 ファン・ペロン大佐が選挙で大統領に就任。労働者保護を打ち出し第2次世界大戦で得た外貨を重工業に振り分ける。政策は失敗に終わり国民の不満が高まる。

1955年 軍部のクーデーターによりペロン失脚。以後軍事政権による弾圧が続く

1983年 フォークランド紛争。イギリスに敗北し民政移管

1989年 ドルペッグ制採用。国営企業の民営化を進め一時的に経済が持ち直す

2001年 新興国危機が発生し、ブラジルレアル暴落。市場はペソの固定レートの維持は不可能とみて、いっせいに資金を引揚げる。国債デフォルトを宣言

2002年 ドルペッグ制を放棄して変動相場制に移行、ハイパーインフレーション

↓面白かったらクリックお願いします

人気ブログランキングへ

|

« 英語の発音について | トップページ | ストライキです »

コメント

こんにちは、
初訪問、初コメントです。

京都の大学に通っていて、来春からは社会人予定の
akiraです。


教授にMBAの相談をしていると、ロンドンビジネススクールを薦められ、検索してみるとここにたどり着きました。


今後も読ませていただきます!

ところでこのお金持ちだった国…
アルゼンチンが裕福だったことは知らなかっんですけど、


日本のこれからかと思いましたよ!笑

投稿: akira | 2010.10.01 09時29分

こんにちは、今後ともよろしくお願いします。

ところで、なぜにその教授の方はLBSを薦められたんでしょうね?卒業生の方でしょうか。興味があります・・・。

投稿: Shuji | 2010.10.01 17時14分

私も日本の事かと思いました

投稿: k助 | 2010.11.17 09時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536885/49603599

この記事へのトラックバック一覧です: ある金持ち国の話:

« 英語の発音について | トップページ | ストライキです »