« ストライキです | トップページ | 起業はできても・・・ »

2010.10.05

遅れても笑顔で

昨日はストライキのことを書きましたが、そこでふと思い出したことがあります。チェコにいったときも飛行機が遅れました。

Airline_cancel_delay03

「電車の発車時刻は時計よりも正確」と賞賛される国から来ると、時刻表あってなきが如しの状況に憤慨する人もいるかもしれませんが、何せここはヨーロッパ。僕の印象だと、飛行機が時間通りに飛ぶかどうかは5分5分、時間通りに飛べばラッキーぐらいのつもりでいます。

ちなみに、先日のチェコの遅れのときのアナウンスはこんな感じです。アナウンスしたのは初老のおじいちゃん、乗客がゲート前にたまってる状況をイメージしてください。

「乗客の皆様にお知らせします。

ご搭乗予定の飛行機の到着が遅れたため、

出発時刻も40分ほど遅れる予定です。

どうぞお座りの上、もう少々お待ちください。

大変申し訳ありません。」

(オーノーという不満の言葉がそこかしこから)

「大変申し訳ありません。

どうぞ、お座りのうえ、、、、

笑顔でお待ちください(力を込めて)。

(Keep seated... and smiling, thank you.)」

さすがにみんな苦笑い。

↓もし面白かったらクリックお願いします

人気ブログランキングへ

|

« ストライキです | トップページ | 起業はできても・・・ »

コメント

> 飛行機が時間通りに飛ぶかどうかは5分5分

アメリカ国内線10回は乗ったけど、時間通りに飛び立ったことがない。一度もない。まじで。

投稿: | 2010.10.05 21時50分

へー、そうなんですか。さすが世界一豊かな国家。やっぱりこちらも金持ち喧嘩せずなんでしょうかね。

投稿: Shuji | 2010.10.05 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536885/49659151

この記事へのトラックバック一覧です: 遅れても笑顔で:

« ストライキです | トップページ | 起業はできても・・・ »