« エジンバラ旅行(1) -中世は半端じゃない- | トップページ | ロンドンの眼科? »

2010.10.14

エジンバラ旅行(2) -ハギス料理-

エジンバラ旅行記第2弾です。イギリスの食がたいした事ないのは全世界に知られた事実ですが、スコットランドにも一応郷土料理があります。代表的なのがハギス。

R0011928

ハギスとは「茹でたヒツジの内臓(心臓、肝臓、肺)のミンチ、オート麦、たまねぎ、ハーブを刻み、牛脂とともに羊の胃袋に詰めて茹るか蒸したプディング(詰め物料理)の一種」(wikipedia)

とあります。中身がなんであるかを知っていたポルトガル人は全く食べようとしませんでしたが、「旅行の第一目的は郷土料理である」と信じている僕は当然いただきました。

ところで、なぜかこの料理は国際的に異常に低い評価をえておりまして、


フランスのジャック・シラク大統領は、2005年ロシアのウラジーミル・プーチン大統領とドイツのゲアハルト・シュレーダー首相との会談の中で、イギリス料理を揶揄し、その例としてハギスに言及した。(「ひどい料理を食べるような連中は信用がならないということだ。」)イギリスの通俗新聞は、これに猛反発。しかし、イギリスの外務大臣ジャック・ストローは、「ハギスに関してなら、シラク大統領のご説はご尤も」と賛意を示した。アメリカの大統領ジョージ・W.ブッシュは、2005年のエディンバラでのG8の会合にハギス料理が出されることに懸念がある、とジョークのネタにした。(Wikipedia)


と、何かにつけてネタにされているようです。

お店によって味付けの差はあるのでしょうけど、僕が食べたパブではコショウをきかせたオートミールみたいなものでしたね。確かに見た目は悪いですが、食べられないことはないと思いましたけど・・・。ひょっとして僕の味覚が劣化してるんでしょうか。

↓もし面白かったらクリックお願いします(1日1回まで有効)

人気ブログランキングへ

|

« エジンバラ旅行(1) -中世は半端じゃない- | トップページ | ロンドンの眼科? »

コメント

ハギス、10年近く前にエディンバラで食べたけど、結構おいしかったけどなあ… 評判悪いのか… 

投稿: | 2010.10.14 07時18分

ソース元はWikipediaと僕の友人だけですけど。ただ、確かに「大人気」ってことはないだろうなぁと思います。

投稿: Shuji | 2010.10.14 08時16分

初めまして(^O^)
いつも楽しく拝見しています。

私は、ハギス食べられませんでした・・。
ヒツジがちょっと苦手なので(食べられなくはないのですが)、つらかったです・・。

投稿: tiaretahiti | 2010.10.14 10時18分

ジンギスカンもだめですか?確かに羊には独特のくさみがありますね。そこが羊らしくていいんですけどね。

投稿: Shuji | 2010.10.14 16時13分

ご返信、ありがとうございます。
昔はジンギスカン食べれたんですけど、今はもう自発的に行くことはないですね・・。

こちらで「この肉はラムですか?」って聞くと必ず「いや、シープだよ」っていわれます。
私の「ラム」の発音が通じていないのか、厳格に分けているのか定かではありませんが・・(たぶん前者かな?)。

目、お大事にしてくださいhospital

投稿: tiare tahiti | 2010.10.16 05時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536885/49736795

この記事へのトラックバック一覧です: エジンバラ旅行(2) -ハギス料理-:

« エジンバラ旅行(1) -中世は半端じゃない- | トップページ | ロンドンの眼科? »