« Rememberance Day | トップページ | TPPの受益者は名もなき庶民(投稿再掲) »

2010.11.17

オバマと胡錦濤のラップ

リアリズムと防衛を学ぶ」さんのブログで面白い動画をみつけたので、転載させていただきます。オバマと胡錦濤がラップで喧嘩してます。

僕が言うのも僭越ですが、このビデオ大変よくできていて明らかに経済学の知識がある人がつくったんだろうなぁと思えます。英語の字幕しかないので、訳します。

胡錦濤「社会の安定の為に輸出が必要なんだよ」

オバマ「俺らは最後の消費者の役割にうんざりしてるんだよ」

オバマ「おい、アメリカは今苦しいんだよ。ちょっと聞けよ。俺らを助けろよ、人民元は明らかに低すぎるだろ」

オバマ「何も俺らは『為替操作国』だっていってるんじゃないんだぜ、変動相場にしろよ、変動相場に」

オバマ「IMFの犬達は俺達の味方だぜ」

オバマ「ノーベル平和賞の受賞者を拷問するのはやめたらどうだ?」

胡錦濤「黙ってな、てめえの都合のいい解釈は」

胡錦濤「人民元があがってもお前の輸出は増えねえよ」

胡錦濤「ノーベル賞なんてお前らのいいなりだろ」

胡錦濤「大体お前ら自分達のやったことを考えてみな」

胡錦濤「ノルウェーなんて俺らの札束攻撃に苦しむことになるぜ」

胡錦濤「今の不況はもともとお前らのせいだろ、それを差し置いて取引しようとすんなよ」

胡錦濤「ブレトンウッズがなけりゃお前らなんて今頃アルゼンチンだぜ」(ちなみに関連エントリーはこちら

ボーカル「彼らは敵じゃないけどフレネミー(Friendとenemyを掛け合わせた造語)なのよ。お互いがいなくちゃ困るのね」

オバマ「そりゃ確かだ。俺らは世界の銀行さ」

オバマ「不安になればみんなドルを求めるのさ」

オバマ「みんなドル建てで資産をもってるんだぜ。財政破綻したらどうなる」

オバマ「俺らはドルでしか払わないぜ、ドルが暴落したらお前はどうするつもりだ?」

オバマ「大体鉛無しでおもちゃぐらいつくってみろや」

オバマ「安売りのペットフード買ったら死んじゃったじゃねーか」

オバマ「今まで紳士的にやってきたけど、もう限界だぜ」

オバマ「行け、Timmy G」(というかこの人誰?)

胡錦濤「貿易”戦争”?馬鹿じぇねえの。銃とロケットはおいとけよ、金の話だろ」

胡錦濤「下手な挑発はやめときな、後悔するぜ」

胡錦濤「もうすぐドルなんてなくなって、人民元が主役になるぜ」

胡錦濤「ドルなんてずーっと安くなってるじゃねーか」

胡錦濤「俺らには雇用が大事なんだよ」

胡錦濤「景気回復するまで元を安くするにきまってるじゃねーか」

胡錦濤「つっかかってくんなよ、現実みろよ」

胡錦濤「信じられないなら、統計みてみろ」

胡錦濤「これが中国風資本主義だぜ」

ボーカル「彼らは敵じゃないけどフレネミーなのよ。お互いがいなくちゃ困るのね」

ふぅ・・・。それにしてもやっぱりスラングは意味が分からないのばかりですね。

※補足 全訳ではありません。適当に訳してますが、もし大きく間違ってたら教えてください。

※補足2 Go Timmy はガイトナー財務長官のことで今年春に北京に行ったそうです。Cowboysさんありがとうございます。

↓もし面白かったらクリックお願いします(1日1回まで有効)

人気ブログランキングへ

|

« Rememberance Day | トップページ | TPPの受益者は名もなき庶民(投稿再掲) »

コメント

Timmy G might be Timothy Geithner.

投稿: Cowboys | 2010.11.17 09時13分

おぉ、ガイトナー財務長官ですか。ありがとうございます。しかし、なんでガイトナー長官なんでしょう?

投稿: Shuji | 2010.11.17 09時46分

Go *** is a traditional line in Black Music.
Go Timmy! might be a metaphor.
Timothy Geithner actually went to BEIJING to discuss the matter.
http://bit.ly/clJtSg

投稿: Cowboys | 2010.11.17 12時28分

なるほど、よくわかりました。ありがとうございます。

投稿: Shuji | 2010.11.17 17時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536885/50051984

この記事へのトラックバック一覧です: オバマと胡錦濤のラップ:

« Rememberance Day | トップページ | TPPの受益者は名もなき庶民(投稿再掲) »