« 南仏旅行 3 | トップページ | 南仏旅行 4 »

2010.12.26

南仏旅行 番外編(CNN)

僕はイギリスではBBCをみているのですが、アルルで泊まったホテルにCNNが入ってたので、ものは試しと一部のヨーロッパ人が酷評するCNNをみてみました。

・・・たまたまだと思うのですが、とりあえずキャスターの話し方にあまり品を感じませんでした。無理やりニュアンスを日本語で表現するとこんな感じです(寒波でヨーロッパの空港が部分閉鎖されているニュース)。

「通常フライトがキャンセルされた場合、EUルールによって飛行機のチケット代は補償されることになっています。しかぁーし、これにはなんと『抜け穴』があるのです!このルールには『特別な場合を除く』とあるのです!今回はぁーーー、そうです!『特別な場合』になってしまうです!!」

欧風みのもんたと思えばいいんでしょうか。そして、ニュースの合間に「CNNは多様性を重んじる組織です。Go Beyond Borders」という自社宣伝キャッチコピーが随所に挿入されます。確かに国境を越え、北朝鮮に行って取材してきたり、タリバンに接触してレポートしたり、取材力には感心させられるところがあります。日本のキー局は関東地方をカバーするだけで結構いっぱいいっぱいですからね・・・。

ただ、僕からみるとレポートはどこまでもアメリカ視点。「アメリカ人が興味をもつようなこと」にフォーカスして情報収集しており(『北朝鮮にも地下鉄が走っています』『愛国主義的な宣伝で街は満ちています』とか)、例えば「北朝鮮からみたアメリカはどのような存在なのか」という多角的な視点はほとんどありませんでした。表層的といえば表層的。この十字軍的価値観及び行動力がアメリカらしい、と妙に感心しました。

ひとつ悲しかったのが北朝鮮の爆撃に関連して韓国の方にインタビューをしていたニュース。爆撃そのものではなくて、インタビューに答えていた韓国の方が明らかに英語をしゃべっているのに字幕が。イラク人の英語にはつかないのに。僕はそれほど問題を感じなかったのですが、多分ネイティブにはとっても聞きづらかったのでしょう。僕の発音もいまだ聴きづらいのかしらん。

そんなこんなで1時間ちょっとみただけですが確かに毛嫌いする人がいるのもわかります。ですが、多分CNNでしか取材できないこともこの世にありそうなので、批判的に情報ソースとして使えばいいのでは、と思いました。

↓もし面白かったらクリックお願いします(1日1回まで有効)

人気ブログランキングへ

おまけ: 日本の放送局にも、ちょっと向こう見ずで、スクープに飢えている野心的な若い記者もいないことはないのですが、大抵そういう人は管理職からみるとただのトラブルメーカーなので現場をはずされるんですよね。「ジャーナリストをやりたかったらテレビ局なんか来るな。俺らは商業放送だ。」と知り合いのテレビ局勤務の方が言っていました。

もちろん商業放送なのは間違いないのですが、公共の電波使ってるのにお金儲けだけが存在意義というのも釈然としない話です。利潤追求は否定しませんが、別に組織の目的は複数あってもいいでしょうし、言論機関としての社会的使命を自覚して欲しい、というのは日本の放送局には高望みすぎるのでしょうか。芸能人のスキャンダルに狂奔するために電波免許が存在するわけでもなし。

|

« 南仏旅行 3 | トップページ | 南仏旅行 4 »

コメント

こんにちは。「おまけ」の部分、本当に同感です。BBCからbroadsheets、そしてタブロイドに至るまで、右でも左でも、イギリスのジャーナリストの切れ味の鋭さには感心します。これがあるから、イギリスの政治はレベルが高いし、活気のある民主主義が保たれると思います。イギリスのジャーナリズムに比べると、日本はテレビ局はもちろん、大新聞もだらしないですね。NHKで見られる一番刺激的な調査報道番組は、衛星放送のBBCやITNのドキュメンタリーです。こちらでは、普通は大人しくニュースを読んでいるだけのような若いアナウンサーも、政治家にインタビューする時などは、相手の嫌がる質問を立て続けにして、しつこく食い下がる姿勢に感心します。一方、政治家の方も、若い記者に対してもpatronizeしないで、大まじめに厳しく返答する点が、(特に若い)ジャーナリストを馬鹿にして相手にせずに質問に真面目に答えもしない日本の政治家とは大違いですね。 Yoshi

投稿: Yoshi | 2010.12.26 07時03分

コメントありがとうございます。

もちろんイギリスと日本の政治家には多くの違いがありますが、実はインタビューの受け答えは僕なんかは「結構似てるじゃん」と思いました。

というのも、インタビュアーの質問にはあまり真正面に答えずに、とりあえず自分の主張を延々と述べようとするところとか。そういうある種身勝手な答弁をいかに遮って意味のある答えを引き出すかがインタビュアーの腕の見せ所なんですけど。

僕はそもそも政治家と国民とのインタラクションが日本は乏しいと思っています。ぶら下がり取材の数分のコメント取りのみだったり。もっと政治家のロングインタビューとかが一般的になれば、双方の質があがるんではないかなぁ、と思ってます。

ちなみに、NHKが調査報道をやっていたとは知りませんでした・・・。放送前の素材を政治家にチェックしてもらっていたという事件は記憶に残ってますけど。

投稿: Shuji | 2010.12.26 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536885/50391332

この記事へのトラックバック一覧です: 南仏旅行 番外編(CNN):

« 南仏旅行 3 | トップページ | 南仏旅行 4 »