« 交渉の考え方 (投稿再掲) | トップページ | 貧困あれこれ »

2010.12.03

起業経験をシェアしましょう

経済活動において、起業の重要性は強調しても強調しすぎることはないでしょう。雇用の創出、新しい製品やサービス。少子高齢化によって社会保障費の負担が増える中、経済の新陳代謝が起こらなければ我々は現在の生活レベルですら維持できません。まさに「現状維持では後退するばかり」(ウォルト・ディズニー)です。

Businessstartup1

一方で僕はMBAの起業の授業に対しては懐疑的なのですが、今回の授業の最後の一コマはなかなか刺激的でした。内容は「実際にベンチャー企業に対してコンサルティングを行った結果を15分間でプレゼンする」というもの。

  • 起業後2年以上経過
  • 売上が1億円以上
  • 従業員10人以上
  • 大企業の子会社ではない

以上の条件をクリアしている企業を自分たちでみつけてきて、授業のフレームワークを当てはめて分析します。もちろん学生のプレゼンなので玉石混交ですが、良いプレゼンだとビジネスの状況や抱える問題が目の前にありありと浮かんできます。なお、ベンチャー企業は会員制ビジネスや小売などのキャッシュを事前または即時回収できるものを除き、大体資金繰りに苦しんでますね。

さて、実は今回のコンサルティングプロジェクトをするにあたって、日本でベンチャー企業を経営している友人に協力依頼したのですが結果は「No」。財務諸表が株主との約束で極秘になっているので渡せない、ということでした。

誤解のないように申し上げておきますが、僕自身は彼の回答になんらの不満を持っているわけではありません。たとえ海外だろうが、秘密保持契約を結ぼうが、いったん流出してしまったらおしまいですから。むしろかえって「この人はやっぱりしっかりしているな」と思ったぐらいです。

学生時代にベンチャー企業で働いたこともあるのですが、そこでの雰囲気も大体似たようなものでした。日本のベンチャーでは財務情報は経営陣だけが知っているトップシークレットで門外不出なのです。一社だけがこの慣行に反したら「情報管理が甘い」と言われておしまいでしょう。

しかし、社会全体として考えればこの風土はマイナスなのだろうな、と思いました。ここイギリスではたとえ外国人であろうが、多くのベンチャー企業が協力しくれます。学生とも秘密保持契約を結んだ上で情報開示してくれます。もちろんLBSのブランドも大きいでしょうけど。

まさに現在進行形の会社から、生の経営情報を教えてもらえる、リスクやリターンについてリアリティをもって考えることができる。この環境が起業を促進するという意味においてマイナスであろうはずがありません。また、そういった教育を受けた人たちが起業をし、今度は自分達が後進と情報をシェアするという正のサイクルが発生します(実際に多くの卒業生が協力してくれます)。

個人的印象ですが、どうも日本社会はこういう学校教育へのフィードバックを社会全体で歓迎する、むしろ使命である、そういう雰囲気に乏しいように思われます。そもそもそういう起業教育が根付いてないんですけどね。仮におかしな学生のせいで財務情報が流出したところで、そういうリスクをとって教育に貢献した経営陣を株主が賞賛すればいいのに、とも思います。こういった授業が日本でも当たり前にできるようになればいいですね。

↓もし面白かったらクリックお願いします(1日1回まで有効)

人気ブログランキングへ

おまけ: ガーディアンの今日の特集は「アフガニスタン」で関心のある分野ではなかったので図書館で読めばいいやと思って買わなかったら、ストックの新聞がない・・・。

|

« 交渉の考え方 (投稿再掲) | トップページ | 貧困あれこれ »

コメント

はじめまして、私もイギリス大学院留学を予定しています。
質問があるのですが、留学前に銀行口座はHSBC,Barclays等の銀行口座開設されましたか?

留学して何かアドバイス等があれば教えて頂けますでしょうか?

不躾な質問ですが、回答宜しくお願いします。

投稿: トシ | 2010.12.06 15時29分

銀行口座の開設はめんどくさいですよ。渡航前開設は恐らく無理ではないでしょうか。何か特別なコネクショが必要です。例えば勤め先が銀行の大口取引先とか、HSBCプレミア(1000万円以上預金)の口座があるとか、その銀行から奨学金ローンを受けてるとか。

そうでなければ、渡航後に3ヶ月以上の銀行口座の取引明細(英文が望ましい)と身分証明書(パスポート)、学校からのサポートレター(在籍プログラムとか)を出して、口座開設を依頼することになります。銀行口座の取引明細に疑義があるときは、口座開設を断られることもあります。念のために学校のアドミッションに相談することをお勧めします。

投稿: Shuji | 2010.12.06 16時58分

遅くなりましたが、ご回答頂きありがとうございます。
Adminに確認してみます。

投稿: トシ | 2010.12.10 13時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536885/50201631

この記事へのトラックバック一覧です: 起業経験をシェアしましょう:

« 交渉の考え方 (投稿再掲) | トップページ | 貧困あれこれ »