« 日本の若者内向き論は海を越える | トップページ | 「100年安心プラン」の現在 »

2011.02.01

思わず笑顔になるCM

このあいだサーチ&サーチ(一流広告会社)のヨーロッパトップの人がいらっしゃってこのCMをみせてくれました。これはいいですねー。英語がわからなくても楽しめますよ!

楽器は一切使ってないそうです。ちなみにT-mobleは携帯電話会社です。このユーモアのセンスがなんともイギリスっぽいですね。

追記:歌詞がわかるとなお微笑ましいかと思いました(一部僕もわからなかったので調べました。特にラップの曲。)

1曲「ついに、私の愛が叶ったわ・・・ at last my love has come along...」

2曲「今すぐに帰るよ・・・ I'm coming home, I'm coming home now real soon...」

3曲「(あのマックが帰ってきたぜ)げ、マジ?(分かってただろ?)俺は戻ってきたぞ・・・(Retrun of the Mack) Oh my god. (You know that I'll be back) Here I am...」

4曲「私は旅人だ、乗り継いで乗り継いで・・・・I am a passenger, and I ride and I ride...」

5曲「男の子達が街に帰ってきたわ・・・The boys are back in town, the boys back are in town...」

6曲「なってこった、こんなに遠くまで来たことないぞ・・・Oh my god I can't believe it I've never been this far away from home...」

7曲「川が深くても、私はひるまない。山が高くても、私は信じる。谷が深くても、私は留まることは無い。あなたが待っていると知っているから・・・When the river was deep, I didn't falter. When the moutain was high, I still believed. When the valley was low, it didn't stop me, no no. I knew you were waiting...」

8曲「おかえりなさい。 Welcome home...」

・・・・あー、どっかでみたことあると思ったらこのCMのシリーズか!

これ確かカンヌかなんかの国際広告賞とってましたね。これも面白いですけど僕はヒースローの方がストーリー性があるしカメラワークも洗練されてるし、断然好きです。

↓もし面白かったらクリックお願いします(1日1回まで有効)

人気ブログランキングへ

おまけ: 成田か羽田でこんなCMの撮影許可が出たらびっくりですね。というかHeathrowって24時間運行だったっけ?営業時間中?一般旅行客の出演許可とったのかな?カメラも多いし、歌い手も多いし、尺長いし、超お金かかりそう。僕が営業だったら企画が通った時点で、クライアントに「おまかせください」と自信満々に言い、クリエーティブとは笑顔で握手し、心で泣きます。

|

« 日本の若者内向き論は海を越える | トップページ | 「100年安心プラン」の現在 »

コメント

Shujiさん
始めまして。突然のコメント失礼します。私は現在KCLの修士課程に在学している者で、留学生の就活ブログを探していてShujiさんのブログにたどり着きました。

添付されていた動画、大変興味深く鑑賞させていただきました。

私事で恐縮ですが、私は現在就職活動中(新卒)で、志望業界として外資系PR会社も考えています。しかし、外資系PR会社の新卒採用に関する情報が少なく、少し困っています。Shujiさんのプロフュールを拝見したところ、広告業界での職務経歴がおありとのことだったので、何か情報をシェアしていただくことはできないかと思い、ご連絡を差し上げています。

以前知り合いから「PR会社は激務だ」と伺ったことがあるのですが、本当でしょうか?PR会社のワークライフバランス(特に女性が働きやすい環境であるか)について、お分かりになることがありましたらお教えいただけたら光栄です。

お忙しい中恐縮ですが、宜しくお願い申し上げます。

投稿: Y | 2011.02.09 19時18分

PR会社・・・。僕の知る限りですが、PR会社の仕事とはクライアントの為にメディアとのリレーション構築をすることです。具体的には

1.編集者などとコネクションを持ち
2.プレスリリースなどの原稿を書き
3.記者会見などのコーディネートをする
4.もしくはプレスリリースを投げ込む
5.最終的な露出を報告する

というのがPR会社(日本の場合)、メインの仕事になります。ワークライフバランスですが、電通などの大手系列であればそれなりに悪くないと思います。ただ、どうしても仕事は下請けになりがちです。独立系は色々と自由にできて楽しいと思いますが、相当ハードです。”外資系”というのは使ったことがないのでよく分かりません。

女性が働きやすいかどうかは分かりませんが、PR系の会社には女性が多いですし、マネージャーポジションにつかれる方も大勢いるのは事実です。

僕が普段頼りにしてたのもそういう女性です(ご結婚されて産休をとられました。もう復帰してると思います)。ただ、その方の働きっぷりは拘束時間も含めて並の男なんか及びもつかない程でしたけどね。

離職率は高いかもしれませんが、いわゆる大企業といわれる規模の会社がない業界ですので、そういう点からは普通と言えるかも知れません。

分かる範囲ではこんな感じです。ご参考になれば。

投稿: Shuji | 2011.02.10 09時10分

ご丁寧にご回答いただき、ありがとうございました。大変参考になりました。PR系の企業には女性で活躍なさってる方が多いのですね。少し安心しました。

また、PR会社の仕事は「はクライアントの為にメディアとのリレーション構築をすること」であるとのこと、非常に分かりやすく説明していただきありがとうございます。とても面白そうです。私はマーケティングに興味があり勉強しているので、そういった経験をどのようにPR業務に生かせるか考えてみようと思いました。

お忙しい中貴重なお話をシェアしていただき、本当にありがとうございました。最後になりましたが、ロンドンでの生活がShujiさんにとって有意義になるよう応援しています。

投稿: Y | 2011.02.12 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本の若者内向き論は海を越える | トップページ | 「100年安心プラン」の現在 »