« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011.02.23

日本への誇り、とか

注:加筆訂正しました

グロービスの堀さんのブログ

安倍首相も答えられる。「『国家のために貢献したいか』に対し、米国、中国は、70%超えている。日本は、50%下回っている。『国を誇りに思うか』、という問いでも同様の結果だ。日本が自らを蔑む教育をしていると、こういう結果になる。従い、総理の時に、教育基本法を改正し、公共心の教育を入れたのだ」

というのがあったので、あれ?おかしいなと思いました。多分出所は電通総研の「世界価値感調査」だと思うのですが、ちょっと前に内閣府の「青年意識調査(18~24歳、2009年)」をみたところ下記の通りそれほど差がなかったからです。むしろ自国への奉仕では日本はトップクラスに位置しています。

Graph_2

Graph2_2

たしかに実感としても同年代で特に日本を卑下するかのような意見は聞いたことがありませんし、実際に海外に暮らしていると、国に貢献したいと思うような人はどちらかというと日本人の方が多いように思います。

もう少し調べてみると、色々と両調査で整合性が取れないことがわかってきました。まず、世界価値観調査は郵送調査で、内閣府の調査は訪問面接です。調査員に聞かれたほうが数字が高めに出るのではないか、というのはリーズナブルな説明ですが、国際比較でどうしてこれほど違う結果になるのかが説明できません。

あるいは青年時はそれほど差がなくても年をとるにつれて急激に下がるのか、とも考えたのですが、世界価値観調査の年齢別比較と矛盾します。まとめると「日本人の自国への誇り意識が低い」というのが果たして本当なのか、仮に本当だとしてもそれが教育のせいなのか、ということをもう一度検証した方がいいと思います。

僕は「国民性」という文脈で何かが語られる場合は慎重に考えた方がいいと思います。たしかに「電車の乗り方」とか「名刺の渡し方」といった文化的な話になると日本独特の行動様式は沢山ありますが、こと思考方法や価値判断になるとその人や世代によって考え方が大きく異なったり、日本人特有だと思っていたことが実は世界中どこでも大差ないということも多いからです。

さてさて、最後にこれが日本文化かどうかは分かりませんが、僕は「背中で語る」という価値観が好きです。「巧言令色鮮し仁」という言葉もありますね。キャメロン首相やオバマ大統領などを見てていつも思うのですが、英米のリーダーは本当に演説が上手いです。が、「日本のリーダーは演説はそれほどうまくないが、むしろ行動で語ることを好む」とか海外で紹介されたらかっこいいじゃありませんか。

日本に誇りを持ち、日本に貢献することが大事だと思うのであれば、口ではなくて自らの行動で語るべし。僕自身の生き方はそうありたいと考えています。


↓もし面白かったらクリックお願いします(1日1回まで有効)

人気ブログランキングへ

おまけ: 現在の日本の政界リーダーは「やるやる詐欺」ばっかりで全く逆ですね。残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.17

スーパーリッチはハッピーじゃない

ちょっとバタバタして更新が滞っております。もしなんどもこのブログを訪れて空振りした方がいらっしゃったら申し訳ありません。

今日のテーマはお金です。おそらく世の中に、よりお給料が上がるということに対して「いりません」という人はそうそういないでしょう。しかしお金があればより幸せとは限りません。うちのとある教授に言わせれば、スーパーリッチ(例えば資産数百億)の人々は大抵不幸な生活を送っているそうです。

17megajetsxlarge1
スーパーリッチのプライベートジェット

うまい喩え話だなぁ、と思ったのが

「今、突然100億円を受け取ったら自分の生活に何が起こるか考えてみるといい」

ということで、もしよろしければみなさんもちょっと考えてみてください。







「フェラーリだって買える、プライベートジェットをチャーターすることだって可能だろう。毎日5つ星のレストランで食べて、豪邸に住んでもいい。

しかし、友人関係はどうなるだろうか。『俺が払ってやるからみんなこいよ』といって高級レストランにつれていく。そうして以前の友人とそのまま付き合えるだろうか?答えはNoだ。収入のギャップが大きすぎれば、友人関係を維持するのは難しい。

家族はどうなる?親、兄弟、叔父や叔母を考えてみるといい。もし自分がお金を独り占めしたとしたら『なんて薄情な初だ』と思われるに決まっている。しかし、親類が自分のお金を目当てに近寄ってくるような状況が、幸せといえるだろうか。」

僕は食うに困らない限り、やっぱりいい友だちがいて、多くの刺激を受けられる知り合いがたくさんいれば、人生それでいいやと思いました。もし100億円あったら?寄付してしまうか、事業投資するでしょうね(もしリターンがあったら、また全部投資)。

↓もし面白かったらクリックお願いします(1日1回まで有効)

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.15

リヴァプール旅行

ご無沙汰しております。ヒマヒマになるはずのMBA2年生ですが、なぜか結構忙しくしています。LBSでは卒業プロジェクトがあるせいと、早めに終わらせるために授業をある程度詰め込んでいるせいかもしれません。

さて、とはいっても旅行するぐらいの時間はあるということで、リヴァプールに行ってきました。リヴァプールといえば一番有名なのはビートルズ。

R0012413_2

あちこちにビートルズの写真やら銅像やらがあります。 といっても、ビートルズは僕が生まれる前に解散してしまっているので、個人的には歴史的遺産。おそらく僕の父親世代の人たちとは全然違う印象を持つことでしょう。ちなみにビートルズってあれだけ有名なのに活動期間は8年間だったんですね。

もうひとつ、リヴァプールといえば18世紀~19世紀の大英帝国の黄金時代に港町として繁栄を極めたことでも有名です。

R0012429

18世紀は奴隷貿易の中心地(奴隷貿易博物館があります)であり、19世紀の産業革命後はマンチェスターの綿織物がここから世界中に向けて輸出されていきました。ということで、歴史的意義はあるのですが、普通の街といえば普通の街。ロンドンから一泊旅行で行くにはいいところだと思います。

全然話は変わりますが欧米の植民地主義に搾取されたアフリカの経済成長についてはこの間の授業が面白かったので、また近いうちにまとめてみたいと思います。

↓もし面白かったらクリックお願いします(1日1回まで有効)

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2011.02.08

覚えの無い取引

僕は普段あまり銀行明細とかそれほど真剣にチェックしないのですが、先日ふと何の気なしに目をやると、「1月末に3000香港ドルATMで引き出し」という記録がありました。そのときはロンドンにいましたし、まぁこれは犯罪だろ、と思ったのでカスタマーサービスに連絡して返金してもらうことにしました。

友達に聞いてみたところ別に珍しいことでもないようですので、今後僕と同じ経験をこれからされるかもしれない方の為に一応記録を残しておきます。

Article0025624bc000004b056_468x286

ちなみに僕が使っているのはHSBCなので、他行の場合は当然異なることもあると思います。

とりあえずカスタマーサービスに連絡したところ、訛りが強い上に音声の質が悪い。聞き取りに苦労してたところ、たまたま通りかかった友人が助けてくれました。やや忸怩たるものがありましたが、自分の不得意分野は人に任せるというのが大方針の僕は気づいたら0.1秒でプリーズと言っていました。

「暗証番号をシェアしてないのか」

「家族と一緒に住んでないか」

という恐らく定型の質問が延々と続き、カードをストップして新しいものを発行することになりました。やれやれこれで終了かと思ったら、

「取引審査の部署は別になりますので、返金を希望の場合はそちらに連絡してください」

ってなんじゃそりゃ。日本でもそうなんですかね?そして指定の番号にかけたところ再び、

「暗証番号をシェアしてないか・・・」

という同じ質問が30分ほどの長きにわたって繰り返されることに。友達ですら聞き取りに苦労していたようで「さすがにもう一回この女性と話したくないわね」と苦笑してました。

HSBCの名誉の為に付け加えさせていただきますと、新しいカードと返金のお知らせは3営業日で届きましたので、これは日本と比べても迅速でした。

最後にブラジル人から一言。

お前らは甘やかされている。そんなのは日常茶飯事だ。まずカスタマーサービスに電話をするだろ、大体つながらない。そこで何度もかけ続ける根気が必要だ。そして新しいカードを送ると言うだろ、大体来ない。何度も何度も催促の電話をして、ようやく手元に届くものなんだ」

御見逸れしました。

↓もし面白かったらクリックお願いします(1日1回まで有効)

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2011.02.04

財政破綻は単純ではない

例によってアゴラに投稿した原稿。最初はブログをベースに書いてリライトしようと思ったのですが、手間がめんどくさいのでそのまま再掲します。まぁ、このブログの読者の方が寛容と信じているので、ご容赦ください。


皆さんもご存知のようにS&Pの日本国債格付けが下がったことで、日本の公的債務残高に対して再び注目が集まっている。気になるのは「1000兆円の借金など返せるわけが無い、日本は既に実質破綻している」という扇情的な言説がよくみられることだ。国家が破綻する過程は複雑で、破綻するかどうかというのはそれほど単純な話ではない。

よく言われることだが、日本の累積公的債務は先進国中でも最悪レベルだ。

Graph
出所:OECD 2011 February (日本の2009のデータは財務省HPより)

国の経済規模の2倍近くまで公的債務がつみあがったら悲観的になるのも当然である。しかし、例えば現在深刻な財政危機に苦しむアイルランドは公債残高がGDP比で46%しかないのだ。その他にも最近実際に破綻(デフォルト)した国家の当時の公債残高をみてみよう。

アルゼンチン(2001年):53.7%

ロシア(1998年):68.1%

詳しいメカニズムの説明は避けるが(Federico Sturzenegger and Jeromin Zettelmeyer ”Debt Defaults and Lessons from a Decade of Crises” にまとまっている)、公債残高が低くても国家としての信用が毀損すれば財政は破綻する。 しかし、これらの事例は「債務残高が低くても破綻することがある」といっているだけで、「債務残高が高くても破綻しない」ことの事例にはならない。そこでもうひとつ、借金大国から復活した事例をあげよう。読者諸氏もご存知のアメリカとイギリスだ。

Graph2

Graph3
出所:McKinsey Global Institute “Debt and deleveraging” 2010 January

ということで、イギリスにいたっては1800年初頭のナポレオン戦争のときにGDPの約260%まで公債残高がつみあがったが、その後100年かけてほぼ完済のレベルまで達している。

もう少し精緻に「金融危機は予測可能か」(※財戦破綻だけではななく、民間金融機関の取付けや通貨危機を含む)ということを検証した論文を紹介しよう。Golostein (2000)は1970年から1997年の間に金融危機に陥った25カ国のマクロ経済のデータを検証した。面白いことに格付け機関やスプレッドなどの“マーケットの声”は危機を予測するのに役に立たなかった。Goldfajn and Valdes (1998)も格付けは金融危機を予測するのには使えないと主張している(格付けが無意味ということを意味しない、念の為)。

金融危機と最も強い相関を示したのは実効為替レートで、これが上昇するとその後に金融危機となる可能性がある。これは実効為替レートがファンディメンタルズを反映しており、過剰な上昇はその国が過剰評価されている確率が高いと考えると分かりやすいだろう。次に輸出の急減、通貨量の増大、外貨準備高の減少などが続く。肝心なことはリスクにさらされている新興国ですら、代表的なマクロ経済の指標を全て合わせても危機を予測できる確率は低いことだ。

当たり前だが通貨が急激に高くなっても、輸出が急減しても必ずしも危機につながるわけではない。例えば政治的な理由で危機のトリガーが引かれる場合もあり、そのようなケースは原理的に予測することが極めて難しい。よく「予言の自己実現」といわれるように危機が起こるとみんなが思えば実際に危機がおこる。根拠なしに「日本はもうすぐ破綻する」などというのは流言の類で国益を損ねていると言っても過言ではない。

もちろん、以上をもって「日本は大丈夫だ!」などと無責任なことを言うつもりは毛頭ない。イギリスとアメリカの事例を引用したが、現在の日本とは社会状況も人口動態も全く異なる。むしろ私は日本の状況に強い危機感を持っており、一日も早く持続可能な体制に移行する計画を立て、実行しなければならないと考えている。多くの方が言うように、タイミングはともかくプライマリーバランスは黒字化しなければならない(GDP成長率と実質利子率が等しいと仮定)。

ここで私が申し上げたいのは2つ。ひとつは国家の財政破綻というのは非常に複雑な要因で起こり、決してGDP比の公債残高だけに依存するものではない。「日本は“必ず”破綻する」「日本は“実質“破綻」というのは実証データからは根拠の無い主張である(直感に従ってそう信じるのはもちろん個人の自由だ)。もうひとつは気長に考えることが必要だということだ。仮に政治改革が行われ債務残高が減少サイクルに入ったとしてもこれだけつみあがった公的債務を“まともに”返そうとすれば少なくとも何十年、場合によっては100年以上かかるだろう。


授業でイギリスの公債残高のグラフをみて、「これは面白い」と思ったのでついでに普段考えていることをまとめてみました。

↓もし面白かったらクリックお願いします(1日1回まで有効)

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2011.02.03

「100年安心プラン」の現在

予告どおり年金の話を少し。ちなみにこの原稿書いた後、もっと多くの人にこの問題を知ってもらいたいとおもって、リライトしてアゴラに投稿しました。

2004年の年金改革では、ときの厚生労働大臣が「100年安心プラン」と豪語して話題になりました。この言葉を信じた国民は皆無でしょうが、現状はどんなもんでしょうか。厚生労働省の資料(平成21年財政検証結果)によると・・・

Graph01
クリックすると拡大します

いくつか用語がわかりにくいと思いますので解説します。まず、「所得代替率」というのはこれは説明にあるように、現役世代の手取り(男)と年金額の比率です。50%の場合、仮に現役世代の平均手取りが40万円(大体日本人の平均)だったら、20万円受け取れるということです。

ちなみに「マクロ経済スライド」というのは「支給額カット」の別名です。つまり、2038年まで段階的に支給額をカットすることになっています。こうしてみると、現役世代の50%はもらえることになっており、「それならなんとかなるか」という気がしないわけでもありません(単身者はどうすんだという深刻な問題はありますが)。が、問題は計算の前提です

1)出生率

Syuseiritsu

出生率は2005年の実績を前提にしており、これは妥当だと思います。過去の厚生労働省の試算が修正につぐ修正を重ねたのは「出生率が急回復する」という前提に基づいており批判を浴びたので、さすがに懲りたのでしょう。

2)労働力率

平成20年4月にとりまとめられた「新雇用戦略」やその後の雇用政策の推進等によって実現すると仮定される状況を想定して、独立行政法人労働政策研究・研修機構「労 給の推計(平成20年3月)」における「労働力需働市場への参加が進むケース」に準拠して設定

はやくもここら辺から怪しくなってきます。推計のもととなったデータはこちらですが、この前提はこちら。

ケース C
(各種の雇用施策を講ずることにより、若者、女性、高齢者等の方の労働市場への参入が進むケース)

① 保育所幼稚園在所児童比率がケース B に比べ 2 倍の伸びとなる。
② 短時間勤務制度など普及により継続就業率が向上する。
③ 男性の家事分担割合が上昇する。
④ 短時間雇用者比率が高まり、平均労働時間も短縮する。
⑤ 男女間賃金格差が 2030 年までに解消する

すごい、すごすぎる。ちなみにその他のケースはこんな感じです。

ケース A
(性、年齢別の労働力率が現在(2006 年)と同じ水準で推移すると仮定したケース)
現在(2006 年)の性、年齢別の労働力率(女性に関しては有配偶、無配偶別)及び失業率に対して、将来推計の人口を当てはめたケース。

ケース B
(各種の雇用施策を講ずることにより、若者、女性、高齢者等の方の労働市場への参入が一定程度進むケース)

① 年齢間賃金格差は一定程度解消することにより、若年者の労働市場への進出が進む。
②  65 歳まで雇用が確保される割合が 2030 年には 95%の企業割合まで高まり、高齢者の働く環境が整う。
③ 保育所幼稚園在所児童比率が一定程度増加し、女性の就業環境が整う。

出生率と同じようにケースAをベースに使うべきでしょうね。

3)経済前提

Keizai
クリックすると拡大します

これも推計に使われている数字(中位ケース)が実態と乖離してます。2000-2009年の実績でいうと、物価上昇率は-1.9%(統計局:消費者物価指数)、賃金上昇率も-0.72%、運用利回りは1.77%です(こちら)。

さすがにこの数字をそのまま使うのは少し悲観的すぎるような気もします。それでも実績を踏まえればせめて経済低位ケースを使うべきでしょう。

4)その他の試算結果

Sisan
クリックすると拡大します

このほかにも国民年金の納付率を80%と仮定(2009年で60%以下)していたり、あまりに楽観的な前提が多いです。以上の議論を踏まえると、この推計結果をさらに割り引いた方がいいでしょう。現在の制度は「5年後に代替率が50%未満」になると見込まれる場合に見直されることになっています。もう既存制度が崩壊するのは火を見るより明らかだと思うのですが。

ちなみにこのままいくと、僕が年金もらえるころ(2050年ごろ?)は多分所得代替率40%以下ぐらいに下がるのかなぁ、という気がます。平均手取りが40万円だったら、奥さんがいたとしてもらえるのは12~16万円ぐらい。うーん、これで夫婦二人はきびしい。「100年安心プラン」10年もたってないのに不安でたまらないんですけど。

それにしてもいい加減な推計ですね。ほんとに全くもう・・・。僕も推計モデルをつくる仕事をやったことがあるのでよくわかるのですが、素人の僕でも指摘できるような「おかしさ」は担当者は言われるまでも無く100%認識しているはずです。それでもこんなことになっちゃうのは、担当者に良心が欠けているのか、上司に良心が欠けているのか、はたまた政治家に良心が欠けているのか。最も欠けているのは現実に向き合う勇気かもしれませんね。

↓もし面白かったらクリックお願いします(1日1回まで有効)

人気ブログランキングへ

おまけ:

2004年の年金制度の改革は給付金額をおさえようとしたり努力のあとがみられないわけではないと思います。そもそも崩壊している制度のメンテナンスをさせられている厚生労働省を責めるのは酷かなと思ったり思わなかったり。スジ論では政治家が責めを負うべきでしょう。

それにしても年金制度ってわかりくいですね。「所得代替率」なんてへんてこりんな目標指標はやめたほうがいいと思います。この指標は現役世代の所得が変われば変わっちゃいますし、いまどき「老夫婦二人」をモデルにするのもねぇ。もはや時代も変わってきたので単純に「一人○○万円受け取れる」という計算の方が国民にとっても分かりやすいと思います。

それにしても改めて読み返してみると、この内容はなんかコンサルっぽいですね・・・。

| | コメント (1)

2011.02.01

思わず笑顔になるCM

このあいだサーチ&サーチ(一流広告会社)のヨーロッパトップの人がいらっしゃってこのCMをみせてくれました。これはいいですねー。英語がわからなくても楽しめますよ!

楽器は一切使ってないそうです。ちなみにT-mobleは携帯電話会社です。このユーモアのセンスがなんともイギリスっぽいですね。

追記:歌詞がわかるとなお微笑ましいかと思いました(一部僕もわからなかったので調べました。特にラップの曲。)

1曲「ついに、私の愛が叶ったわ・・・ at last my love has come along...」

2曲「今すぐに帰るよ・・・ I'm coming home, I'm coming home now real soon...」

3曲「(あのマックが帰ってきたぜ)げ、マジ?(分かってただろ?)俺は戻ってきたぞ・・・(Retrun of the Mack) Oh my god. (You know that I'll be back) Here I am...」

4曲「私は旅人だ、乗り継いで乗り継いで・・・・I am a passenger, and I ride and I ride...」

5曲「男の子達が街に帰ってきたわ・・・The boys are back in town, the boys back are in town...」

6曲「なってこった、こんなに遠くまで来たことないぞ・・・Oh my god I can't believe it I've never been this far away from home...」

7曲「川が深くても、私はひるまない。山が高くても、私は信じる。谷が深くても、私は留まることは無い。あなたが待っていると知っているから・・・When the river was deep, I didn't falter. When the moutain was high, I still believed. When the valley was low, it didn't stop me, no no. I knew you were waiting...」

8曲「おかえりなさい。 Welcome home...」

・・・・あー、どっかでみたことあると思ったらこのCMのシリーズか!

これ確かカンヌかなんかの国際広告賞とってましたね。これも面白いですけど僕はヒースローの方がストーリー性があるしカメラワークも洗練されてるし、断然好きです。

↓もし面白かったらクリックお願いします(1日1回まで有効)

人気ブログランキングへ

おまけ: 成田か羽田でこんなCMの撮影許可が出たらびっくりですね。というかHeathrowって24時間運行だったっけ?営業時間中?一般旅行客の出演許可とったのかな?カメラも多いし、歌い手も多いし、尺長いし、超お金かかりそう。僕が営業だったら企画が通った時点で、クライアントに「おまかせください」と自信満々に言い、クリエーティブとは笑顔で握手し、心で泣きます。

| | コメント (3)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »