« 風力発電メモ | トップページ | MBAを終えて »

2011.06.30

寄付活動の報告

遅くなりましたが、震災直後に始めた寄付活動(1ヶ月間)について、目処がたったので一応ご報告。

Jerf_2

最終的には78,334.77 ポンド集まったので、ちょうど1000万円ぐらいでしょうか。学生が集めたにしては結構な金額。といっても僕は言いだしっぺの一人ではあるものの、最後の方はほとんど何もしてませんで、LBSのO氏とA氏が中心になってました。おつかれさまです。

なお、今回面白かったのがイギリスでは路上の募金集めに規制がある、というか当局に届け出ないとやってはいけないことになっているようです。日本でも路上パフォーマンスをするときに警察署に届出が必要ですが、あんな感覚でしょうか。

また、このような公的な規制とは別に、大学の内規でキャンパス内での寄付活動は承認制になっているのが一般的なようです。アメリカでも概ね同様でした。やはりこれだけ寄付が一般的かつ盛んな国々では、それに応じてルール整備が必要ということでしょうか。

豆知識ですがこのような海外への寄付の場合、居住国の赤十字に寄付をすると、運営費を差し引いてから寄付をするケースがあるようです(アメリカの場合は最大10%差し引くという記述があったような)。それを嫌って我々の方に直接支援したいというお申し出もいただきました。

このような寄付に対しては当然税控除があるのですが、そのためには寄付受領団体が税務署に認定されることが必要です。いずこの国も同じですね(LBSは認定団体ですが、受領書発行の事務がおいつかないので今回はやりませんでした)。

ごくたまにですが、「日本はリッチな国なんだから人的支援はともかく財政支援は必要ない。もっと貧しい国々に寄付するべき」という指摘もありました。個人的には公平な支援なんて原理的に不可能なので、あまり気にせずに寄付したいと思うところに寄付すればいいと思うのですが。

最後に、我々のほうで集めた義援金は全て日本赤十字に寄付しました。復興は数年がかりの話ですので、今後もやれる範囲でやれることをやっていくつもりです。

|

« 風力発電メモ | トップページ | MBAを終えて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536885/52082931

この記事へのトラックバック一覧です: 寄付活動の報告:

« 風力発電メモ | トップページ | MBAを終えて »