« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011.07.17

イギリス庶民院の議長

先日両親のロンドンガイドをやっていて、イギリスの国会のガイド付きのツアーに行きました。このツアーは年間を通して土曜日に開催され、さらに夏の間は他の曜日でも行けます(英語の他ドイツ語でも解説あり、日本語はなし)。

イギリスに住まわれた方は一度ぐらいはBBCで国会のクエスチョンタイムをご覧になられたことがあるのではないでしょうか?

Pmqsdavidcameron004

Edmilibandimage2388673811
首相のデビット・キャメロンと労働党のエド・ミリバンド。ふたりとも若い!

毎週水曜日、野党党首を第一優先にして30分間、首相に質問できます。大山礼子氏が「アリーナ型」と名付けたものにふさわしい、華やかな舌戦が繰り広げられます。

で、BBCをみてるとここでいっつも「Mr. Speaker! Mr. Speaker!」ってふたりとも叫んでるので、発言者をそう言い換える慣行でもあるかと思ったら、Speaker というのは議長のことだったんですね。つまり彼らはお互いに意見を言い合っているのではなく、議長に向かってしゃべるというのがタテマエなのです。

国会ツアーでも議長について解説してくださり、面白かったので転載します。

議長は国会議員の中から選挙で選ばれます。議長は議事を公平に運営するために、党派性を完全に排除することが求められます。これはとても徹底していて、一旦党籍を離れた後は所属党に戻ることはありません。そのまま引退するか、上院(貴族院)の議席が与えられます。

従いまして、必ずしも現与党から選出される必要はなく、野党から選ばれることもあります。現在の下院議長のジョン・バーコウは保守党出身ですが、労働党政権時代に選出されています。議長の任期は国政選挙ごとですが、再選可能です。議会を代表することになるので、当然それにふさわしいキャリアの長い人物が選ばれます。

議長の権威は高く、もし議長が国会の解散にともなって再び国政選挙に立候補した場合、主要政党はその選挙区に対立候補をたてないという不文律があります。ただし、これは厳格なものではなくときたま破られたりするそうです。

日本の国会にももちろん議長がいますが、院内第一党から選ばれるのが通例で、副議長は第二党から選ばれます。任期が終われば所属党に戻りますので、党派性を排除するというタテマエがどれほど貫徹されるのかあやしいものです。とくに最近の上院議長の言動は党派性というか、個人的感情の吐露が多く、権威についてはいわんやをや。三権の長にふさわしい品位、公平無私さを求めたいところです。

予断ですが2008年のガソリン国会で国会が空転しかかったときに河野洋平衆院議長と江田五月参院議長が連名で事態の収拾にあたったときはさすがと思ったものです。日本は本会議での議事運営が単なるセレモニーなのでそれほど注目されないですが、イギリスとの比較では考えさせられるものがありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.12

MBAを終えて

卒業式を終え、僕の2年間のMBA生活も終了しました。で、せっかく2年余り続けてきたブログなので、何か締めのセリフでも・・・と最近悩んでいたのですが、あまりこれだ!というフレーズが思いつかないので、特にあてどなくツラツラと思いついたことを書いていきます。

ブログについて

このブログはとりあえず続けていくつもりです。不定期で社会的/政治的な考察を掲載していきたいと考えております(名前は変えたほうがいいのでしょうが後々考えます)。

英語

一年目にあれほど苦しんだ英語。正直未だにコンプレックスはあります。滞在期間は実質1年半でしたが、この程度の滞在でベラベラになるのは無理でしょう。ノン・ネイティブと話す分には問題ないのですが、ネイティブにはまだ苦手意識があります。

ただ、テレビで放送された僕のインタビューをみて「Shujiは英語がうまくなった。始めは何言ってるかわかんなかった」といってくれた子がいるので(そんなにひどかったか…)、進歩はあったと信じることにします。もちろん満足できるレベルには程遠いので日本に帰っても引き続き鍛えていくつもりです。

卒業後の進路

MBAに行く前は、ターンアラウンドマネジャー(企業再生の仕事)になりたいと思ってました。破産した企業の優良資産を再活用する仕事に社会的意義もあるだろうと。実際はいきなりそういう仕事につくのは難しいので、卒業後はコンサルとして2~3年働くつもりでした。2社から内定をいただいたのですが、英国滞在中に別にやりたい事ができたので最終的にお断りさせていただきました。ご評価いただいたのに期待に応えられないのが心苦しかったです。

なお、この”やりたい事”については僕のリアル知り合いの方々は大体ご存知なのですが、相変わらず未確定部分も多々ありますのでここでオープンにするのは差し控えさせていただきます。本件は直ちに専業で開始できる状況にありませんので、元の会社に戻ることにしました。時機がくれば退職する心づもりですが、一応上司達は知った上で応援してくれています(少なくとも表向きは)。そういう懐の深さが自分の会社の好きなところです。

自分にとってのMBA

MBAをとろうが留学しようが、結局自分は自分でしかないというのが最終的な僕の実感です。

MBAに大満足したという人もいれば、金を返せという人もいるし、望みどおりに投資銀行に就職できた人もいれば、卒業しても就職が決まってない人もいます。外資金融やコンサルに行く人達が多いのですが、それが本当に正しい選択だったのかは分からない。収入がぐんとあがって、やりがいもあり、プライベートの時間もたっぷりあって将来のキャリアも安泰、というのは現実的には難しく、卒業までには誰もが現実の選択肢のなかから一つを選ばなければなりません。

そしてそれは自分だけの選択であり、その結果何が起ころうとも自分の責任なのです。他の誰も代わってくれません。誰もが自分の人生を生きて行くしかありません。

僕にとってのMBAは、今や自分の人生の過去の通過点です。僕の場合は人生観が変わったとか、そういうことはありませんが、知識の点でも、世の中を見る視点という意味でも、さらに友人関係でも自分の人生を最も豊かにしてくれたイベントのひとつです。本当に来てよかったと思います。

この経験を糧にして、これからも僕は自分らしく生きていきたいなぁ、と思っています。最後に2年間お世話になった方々に改めて御礼申し上げます。ありがとうございました。

Photo1

卒業式の日 苦楽をともにしたStudy Groupのメンバーと

2011年7月
根津修二

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »