2011.07.17

イギリス庶民院の議長

先日両親のロンドンガイドをやっていて、イギリスの国会のガイド付きのツアーに行きました。このツアーは年間を通して土曜日に開催され、さらに夏の間は他の曜日でも行けます(英語の他ドイツ語でも解説あり、日本語はなし)。

イギリスに住まわれた方は一度ぐらいはBBCで国会のクエスチョンタイムをご覧になられたことがあるのではないでしょうか?

Pmqsdavidcameron004

Edmilibandimage2388673811
首相のデビット・キャメロンと労働党のエド・ミリバンド。ふたりとも若い!

毎週水曜日、野党党首を第一優先にして30分間、首相に質問できます。大山礼子氏が「アリーナ型」と名付けたものにふさわしい、華やかな舌戦が繰り広げられます。

で、BBCをみてるとここでいっつも「Mr. Speaker! Mr. Speaker!」ってふたりとも叫んでるので、発言者をそう言い換える慣行でもあるかと思ったら、Speaker というのは議長のことだったんですね。つまり彼らはお互いに意見を言い合っているのではなく、議長に向かってしゃべるというのがタテマエなのです。

国会ツアーでも議長について解説してくださり、面白かったので転載します。

議長は国会議員の中から選挙で選ばれます。議長は議事を公平に運営するために、党派性を完全に排除することが求められます。これはとても徹底していて、一旦党籍を離れた後は所属党に戻ることはありません。そのまま引退するか、上院(貴族院)の議席が与えられます。

従いまして、必ずしも現与党から選出される必要はなく、野党から選ばれることもあります。現在の下院議長のジョン・バーコウは保守党出身ですが、労働党政権時代に選出されています。議長の任期は国政選挙ごとですが、再選可能です。議会を代表することになるので、当然それにふさわしいキャリアの長い人物が選ばれます。

議長の権威は高く、もし議長が国会の解散にともなって再び国政選挙に立候補した場合、主要政党はその選挙区に対立候補をたてないという不文律があります。ただし、これは厳格なものではなくときたま破られたりするそうです。

日本の国会にももちろん議長がいますが、院内第一党から選ばれるのが通例で、副議長は第二党から選ばれます。任期が終われば所属党に戻りますので、党派性を排除するというタテマエがどれほど貫徹されるのかあやしいものです。とくに最近の上院議長の言動は党派性というか、個人的感情の吐露が多く、権威についてはいわんやをや。三権の長にふさわしい品位、公平無私さを求めたいところです。

予断ですが2008年のガソリン国会で国会が空転しかかったときに河野洋平衆院議長と江田五月参院議長が連名で事態の収拾にあたったときはさすがと思ったものです。日本は本会議での議事運営が単なるセレモニーなのでそれほど注目されないですが、イギリスとの比較では考えさせられるものがありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.30

寄付活動の報告

遅くなりましたが、震災直後に始めた寄付活動(1ヶ月間)について、目処がたったので一応ご報告。

Jerf_2

最終的には78,334.77 ポンド集まったので、ちょうど1000万円ぐらいでしょうか。学生が集めたにしては結構な金額。といっても僕は言いだしっぺの一人ではあるものの、最後の方はほとんど何もしてませんで、LBSのO氏とA氏が中心になってました。おつかれさまです。

なお、今回面白かったのがイギリスでは路上の募金集めに規制がある、というか当局に届け出ないとやってはいけないことになっているようです。日本でも路上パフォーマンスをするときに警察署に届出が必要ですが、あんな感覚でしょうか。

また、このような公的な規制とは別に、大学の内規でキャンパス内での寄付活動は承認制になっているのが一般的なようです。アメリカでも概ね同様でした。やはりこれだけ寄付が一般的かつ盛んな国々では、それに応じてルール整備が必要ということでしょうか。

豆知識ですがこのような海外への寄付の場合、居住国の赤十字に寄付をすると、運営費を差し引いてから寄付をするケースがあるようです(アメリカの場合は最大10%差し引くという記述があったような)。それを嫌って我々の方に直接支援したいというお申し出もいただきました。

このような寄付に対しては当然税控除があるのですが、そのためには寄付受領団体が税務署に認定されることが必要です。いずこの国も同じですね(LBSは認定団体ですが、受領書発行の事務がおいつかないので今回はやりませんでした)。

ごくたまにですが、「日本はリッチな国なんだから人的支援はともかく財政支援は必要ない。もっと貧しい国々に寄付するべき」という指摘もありました。個人的には公平な支援なんて原理的に不可能なので、あまり気にせずに寄付したいと思うところに寄付すればいいと思うのですが。

最後に、我々のほうで集めた義援金は全て日本赤十字に寄付しました。復興は数年がかりの話ですので、今後もやれる範囲でやれることをやっていくつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.11

アイスランド紀行 街・食・温泉

アイスランドの食といえばなんでしょうか。ワタクシは鯨をあげさせていただきます。EUの反対をものともせず、未だに捕鯨活動を続けています。

R0012603

ということで、なぜか「メキシコ料理」のお店で出てきたミンククジラ。日本でむかーし鯨を食べたこともあるのですが、記憶にある味よりはコッテリ。普通の赤身肉といった感じでしょうか。コショウきいてました。

そしてこちらが「首都の目抜き通り」。

R0012601

と大体イメージわきますでしょうか?小国なんです。ほんとに。

そしてこちらが間欠泉と並ぶもうひとつのアイスランドの観光の目玉、「ブルーラグーン」。

R0012624

再び曇りです。「スパ」と銘打ってますが、腰までの高さのぬるま湯に使ってみんなリラックスするという施設でしょうか。もちろんマッサージとかもあります。

都市部と一部の農地を除けば基本的に荒地か氷河というのがアイスランドです。なぜこんなところに入植したのか不思議ですが、中世は一瞬温かい時代があり。その頃は牧草地が今よりも広かったと言われています。また、暖流の影響で冬もそこまで寒くならないとか。地熱で皆さん暖をとるそうです。

ということで、素朴のお国柄が魅力的なアイスランド。ヨーロッパからのショートトリップにおすすめです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.05.10

アイスランド紀行 氷河を歩く

アイスランドには4日滞在したのですが、到着が深夜についたので実質3日の旅でした。小さい国なのでキャンプとかをするのでなければ、3日あれば観光には充分でしょう。我々は3日目のツアーではあまり深く考えずに氷河トレックツアーに申し込んだのですが、美しい風景に途切れずに出会える素晴らしいツアーでした。R0012634

ずーっとこんな感じで何もないのですが

R0012628

ときおり素朴で美しい風景。

3時間ほど行ったところで氷河に到着。スパイクと登山靴を借りて、氷河の上を2~3時間歩きます。

R0012640

インストラクター付き。

R0012644

一応氷河の上は亀裂があったりして危険なので、縦隊になって歩きます。照り返しでちょっと日に焼けました。

R0012656

水力発電の国だけあって、美しい滝があちこちに。

R0012672

この滝は裏側まで歩いていけます。

R0012683

さすがにちょっと濡れます。

ということで、この日は本当に風景を堪能しました。前週まで天気が悪いことが多く、我々はラッキーだったようです。次回はアイスランドの食など。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.09

アイスランド紀行 間欠泉など

1ヶ月ほど前の話になりますが、帰国直前にアイスランドに行ってきました。アイスランドはイギリスから飛行機で2~3時間ほどの近距離です。語感からして「最果て」というイメージがあり、イギリス滞在中に一度行ってみたかったのです。

800pxeurope_location_isl 島の大きさは北海道と四国を合わせた程度。人口も30万人ほどしかいません。アイスランドは地殻活動が活発なエリアにあり、活動中の火山も多いですし、地震も頻繁にあります。1年ほど前にアイスランドの火山が噴火して、ヨーロッパ中の空港が1週間ほど閉鎖されました(そんときのエピソードはこちら)。なお、アイスランドは水力70%、地熱29.9%で電力をまかなっており、火力・原子力は一切使っておりません(予備電源の石油発電施設が若干ある:詳細こちら)。

サブプライムローン前は金融業が一時的に繁栄し一時一人当たりGDPも世界トップクラスとなりましたが、金融危機後は自国通貨が暴落し、銀行は国有化されIMFの支援を要請しています。そこら辺は好きな人に任せるとして、

アイスランドの見所は自然です(というか自然しか無い)。観光は首都のレイキャビクからバスで回るのですが、

R0012573

こんな滝や

R0012585_2

こんな間欠泉がみられます。天気は悪かったんですけど・・・。

9世紀辺りにバイキングが植民してきたと言われておりますが、もちろん資源も何もないところでしたので、今世紀初めまで郊外の農民たちはこんな感じの貧しい生活を送っていたそうです。

R0012566_2

ここは今、ぽつんとした教会になっています。

R0012564

こんな感じで間欠泉を回るツアーに「ゴールデンサークル」と名前が付いていて、アイスランド観光の目玉らしいのですが、僕としては3日目にいった南岸を回るツアーのほうが印象に残っています。次回ご紹介します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LBSの全課程終了

1が月以上間があいてしまいました、申し訳ありません。今は日本にいます。

本日ようやくレポート書き上げまして、これにてLBSの全課程を終了しました。いい機会なので、質問の多いLBSのカリキュラム制度についてご紹介いたします。

R0012506_2
(LBSでいつも使っている入り口。はっきり言ってしょぼい)

1.早期卒業制度について

LBSはヨーロッパでは珍しい2年生のMBAフルタイムコースです。ただし、うちのユニークな点として早期卒業オプションがあります。

  1. 15ヶ月 (12月終了)
  2. 18ヶ月 (3月終了)
  3. 21ヶ月 (6月終了)

と、卒業時期を選べるようになっています。もちろん卒業に必要な単位数は変わらない(授業料も変わらない)ので、早く卒業しようという人はそれなりに頑張らなくてはなりません。ただ、周りを見回していると、それほど優秀じゃなくても早期卒業をすることは可能でしょう。

とはいっても、15ヶ月終了を選ぶと、さすがに授業をつめ込まないと厳しいかもしれません。「週末にヨーロッパ旅行を・・・」という余裕がなくなるのではないでしょうか。18ヶ月(僕のケース)は普通にやっていれば達成可能です。大抵の人は2年目の3月の時点でほぼ単位を取り終わっています。

21ヶ月卒業は相当のんびりやるか、例えば1学期分全く授業をとらなくてインターンをやるとか、交換留学の都合でそうなった、などのケースが考えられます。選択科目でとれる単位は最低9、最高12単位です。

ただ、単位は取り終わったとしても、実際に早期卒業する人は2割程度です。これも僕のケースですが、別に急いで卒業しなきゃいけない理由は何もないわけです。早めに仕事を始めたくて卒業証書が必要、などのケースが考えられます。


2.セカンドイヤープロジェクトについて

2yp_4 卒業するためにはもうひとつ、プロジェクトをこなさなくてはなりません(これは来年から選択になるかもしれません)。2-3人のチームを作り、クライアントを見つけてきてそのコンサルをします。有償でも無償でもかまいません。自分のビジネスプランのフィージビリティスタディなどをする場合はクライアントがなくてもいいです。

プロジェクトが終わったら、それを1万字程度のレポートにまとめます。卒論みたいなものですね。で、これが思いの外しんどい。書くだけなら日本で出来るだろうということで、僕は4月の頭に日本に帰ってきたのですが、1ヶ月ぐらいパソコンの前で四苦八苦してました。

英語の資料を読み込むのも時間がかかりますし、考えたことを英語に直して表現が怪しいところは、Googleで言い回しがおかしくないかチェック。今日ようやく終わりました。


3.卒業式

もちろん卒業式もあります。例年7月の第1週後半におこなわれるようです。その前3日間はラップアップの授業があります。卒業式といいつつ実はただのセレモニーで卒業証書はまだもらえない、らしいです。

せっかくなのでもう一回渡英しようと思っています。

P.S. ということで、この1ヶ月にあったことをちょこまかと書いていこうと思っています。あー、日本語で緻密さを要求されない文章を書くのは楽だ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.19

仙台にいるメキシコ人からの手紙

クラスの親友より(転載許可あり)。

Date: March 13, 2011 3:55:14 AM EDT
Subject: Blessings

Hello My Lovely Family and Friends,

First I want to thank you so very much for your concern for me. I am
very touched. I also wish to apologize for a generic message to you
all. But it seems the best way at the moment to get my message to you.

Things here in Sendai have been rather surreal. But I am very blessed
to have wonderful friends who are helping me a lot. Since my shack is
even more worthy of that name, I am now staying at a friend's home. We
share supplies like water, food and a kerosene heater. We sleep lined
up in one room, eat by candlelight, share stories. It is warm,
friendly, and beautiful.

During the day we help each other clean up the mess in our homes.
People sit in their cars, looking at news on their navigation screens,
or line up to get drinking water when a source is open. If someone has
water running in their home, they put out sign so people can come to
fill up their jugs and buckets.

Utterly amazingly where I am there has been no looting, no pushing in
lines. People leave their front door open, as it is safer when an
earthquake strikes. People keep saying, "Oh, this is how it used to be
in the old days when everyone helped one another."

Quakes keep coming. Last night they struck about every 15 minutes.
Sirens are constant and helicopters pass overhead often.

We got water for a few hours in our homes last night, and now it is
for half a day. Electricity came on this afternoon. Gas has not yet
come on. But all of this is by area. Some people have these things,
others do not. No one has washed for several days. We feel grubby, but
there are so much more important concerns than that for us now. I love
this peeling away of non-essentials. Living fully on the level of
instinct, of intuition, of caring, of what is needed for survival, not
just of me, but of the entire group.

There are strange parallel universes happening. Houses a mess in some
places, yet then a house with futons or laundry out drying in the sun.
People lining up for water and food, and yet a few people out walking
their dogs. All happening at the same time.

Other unexpected touches of beauty are first, the silence at night. No
cars. No one out on the streets. And the heavens at night are
scattered with stars. I usually can see about two, but now the whole
sky is filled. The mountains are Sendai are solid and with the crisp
air we can see them silhouetted against the sky magnificently.

And the Japanese themselves are so wonderful. I come back to my shack
to check on it each day, now to send this e-mail since the electricity
is on, and I find food and water left in my entranceway. I have no
idea from whom, but it is there. Old men in green hats go from door to
door checking to see if everyone is OK. People talk to complete
strangers asking if they need help. I see no signs of fear.
Resignation, yes, but fear or panic, no.

They tell us we can expect aftershocks, and even other major quakes,
for another month or more. And we are getting constant tremors, rolls,
shaking, rumbling. I am blessed in that I live in a part of Sendai
that is a bit elevated, a bit more solid than other parts. So, so far
this area is better off than others. Last night my friend's husband
came in from the country, bringing food and water. Blessed again.

Somehow at this time I realize from direct experience that there is
indeed an enormous Cosmic evolutionary step that is occurring all over
the world right at this moment. And somehow as I experience the events
happening now in Japan, I can feel my heart opening very wide. My
brother asked me if I felt so small because of all that is happening.
I don't. Rather, I feel as part of something happening that much
larger than myself. This wave of birthing (worldwide) is hard, and yet
magnificent.

Thank you again for your care and Love of me,

With Love in return, to you all,
Anne

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.15

リヴァプール旅行

ご無沙汰しております。ヒマヒマになるはずのMBA2年生ですが、なぜか結構忙しくしています。LBSでは卒業プロジェクトがあるせいと、早めに終わらせるために授業をある程度詰め込んでいるせいかもしれません。

さて、とはいっても旅行するぐらいの時間はあるということで、リヴァプールに行ってきました。リヴァプールといえば一番有名なのはビートルズ。

R0012413_2

あちこちにビートルズの写真やら銅像やらがあります。 といっても、ビートルズは僕が生まれる前に解散してしまっているので、個人的には歴史的遺産。おそらく僕の父親世代の人たちとは全然違う印象を持つことでしょう。ちなみにビートルズってあれだけ有名なのに活動期間は8年間だったんですね。

もうひとつ、リヴァプールといえば18世紀~19世紀の大英帝国の黄金時代に港町として繁栄を極めたことでも有名です。

R0012429

18世紀は奴隷貿易の中心地(奴隷貿易博物館があります)であり、19世紀の産業革命後はマンチェスターの綿織物がここから世界中に向けて輸出されていきました。ということで、歴史的意義はあるのですが、普通の街といえば普通の街。ロンドンから一泊旅行で行くにはいいところだと思います。

全然話は変わりますが欧米の植民地主義に搾取されたアフリカの経済成長についてはこの間の授業が面白かったので、また近いうちにまとめてみたいと思います。

↓もし面白かったらクリックお願いします(1日1回まで有効)

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2011.02.08

覚えの無い取引

僕は普段あまり銀行明細とかそれほど真剣にチェックしないのですが、先日ふと何の気なしに目をやると、「1月末に3000香港ドルATMで引き出し」という記録がありました。そのときはロンドンにいましたし、まぁこれは犯罪だろ、と思ったのでカスタマーサービスに連絡して返金してもらうことにしました。

友達に聞いてみたところ別に珍しいことでもないようですので、今後僕と同じ経験をこれからされるかもしれない方の為に一応記録を残しておきます。

Article0025624bc000004b056_468x286

ちなみに僕が使っているのはHSBCなので、他行の場合は当然異なることもあると思います。

とりあえずカスタマーサービスに連絡したところ、訛りが強い上に音声の質が悪い。聞き取りに苦労してたところ、たまたま通りかかった友人が助けてくれました。やや忸怩たるものがありましたが、自分の不得意分野は人に任せるというのが大方針の僕は気づいたら0.1秒でプリーズと言っていました。

「暗証番号をシェアしてないのか」

「家族と一緒に住んでないか」

という恐らく定型の質問が延々と続き、カードをストップして新しいものを発行することになりました。やれやれこれで終了かと思ったら、

「取引審査の部署は別になりますので、返金を希望の場合はそちらに連絡してください」

ってなんじゃそりゃ。日本でもそうなんですかね?そして指定の番号にかけたところ再び、

「暗証番号をシェアしてないか・・・」

という同じ質問が30分ほどの長きにわたって繰り返されることに。友達ですら聞き取りに苦労していたようで「さすがにもう一回この女性と話したくないわね」と苦笑してました。

HSBCの名誉の為に付け加えさせていただきますと、新しいカードと返金のお知らせは3営業日で届きましたので、これは日本と比べても迅速でした。

最後にブラジル人から一言。

お前らは甘やかされている。そんなのは日常茶飯事だ。まずカスタマーサービスに電話をするだろ、大体つながらない。そこで何度もかけ続ける根気が必要だ。そして新しいカードを送ると言うだろ、大体来ない。何度も何度も催促の電話をして、ようやく手元に届くものなんだ」

御見逸れしました。

↓もし面白かったらクリックお願いします(1日1回まで有効)

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2011.02.01

思わず笑顔になるCM

このあいだサーチ&サーチ(一流広告会社)のヨーロッパトップの人がいらっしゃってこのCMをみせてくれました。これはいいですねー。英語がわからなくても楽しめますよ!

楽器は一切使ってないそうです。ちなみにT-mobleは携帯電話会社です。このユーモアのセンスがなんともイギリスっぽいですね。

追記:歌詞がわかるとなお微笑ましいかと思いました(一部僕もわからなかったので調べました。特にラップの曲。)

1曲「ついに、私の愛が叶ったわ・・・ at last my love has come along...」

2曲「今すぐに帰るよ・・・ I'm coming home, I'm coming home now real soon...」

3曲「(あのマックが帰ってきたぜ)げ、マジ?(分かってただろ?)俺は戻ってきたぞ・・・(Retrun of the Mack) Oh my god. (You know that I'll be back) Here I am...」

4曲「私は旅人だ、乗り継いで乗り継いで・・・・I am a passenger, and I ride and I ride...」

5曲「男の子達が街に帰ってきたわ・・・The boys are back in town, the boys back are in town...」

6曲「なってこった、こんなに遠くまで来たことないぞ・・・Oh my god I can't believe it I've never been this far away from home...」

7曲「川が深くても、私はひるまない。山が高くても、私は信じる。谷が深くても、私は留まることは無い。あなたが待っていると知っているから・・・When the river was deep, I didn't falter. When the moutain was high, I still believed. When the valley was low, it didn't stop me, no no. I knew you were waiting...」

8曲「おかえりなさい。 Welcome home...」

・・・・あー、どっかでみたことあると思ったらこのCMのシリーズか!

これ確かカンヌかなんかの国際広告賞とってましたね。これも面白いですけど僕はヒースローの方がストーリー性があるしカメラワークも洗練されてるし、断然好きです。

↓もし面白かったらクリックお願いします(1日1回まで有効)

人気ブログランキングへ

おまけ: 成田か羽田でこんなCMの撮影許可が出たらびっくりですね。というかHeathrowって24時間運行だったっけ?営業時間中?一般旅行客の出演許可とったのかな?カメラも多いし、歌い手も多いし、尺長いし、超お金かかりそう。僕が営業だったら企画が通った時点で、クライアントに「おまかせください」と自信満々に言い、クリエーティブとは笑顔で握手し、心で泣きます。

| | コメント (3)

より以前の記事一覧